Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Easy Save - The Complete Save & Load Tool for Unity あらゆる型に対応するセーブ&ロードの定番アセット

f:id:assetsale:20160921221738j:plain f:id:assetsale:20160918020445j:plain

今日のアセット

Easy Save - The Complete Save & Load Tool for Unity

$29.99 => $19    37%OFF

 

2011年6月リリースのアセットストア初期からある定番のセーブ&ロード系アセットです。

 

PlayerPrefsでは、intやfloat、stringしか保存出来ませんが、Easy Saveなら

「Array [ ]、Vector3、Transform、Material....」など多くの型をサポート!

一覧:Supported Types - Moodkie Docs

 

また、PlayerPrefs、JSON&XMLより高速で軽量なセーブ&ロード機能であったり、保存したデータを安全に守る暗号化スクリプトも用意されています。

 

データの閲覧&編集

セーブされたテキストファイルをエディタから読み込めば、セーブ状況をチェックしたり直接編集することもできる。

タグの追加、削除、パラメータの確認変更などに大助かり♪

f:id:assetsale:20160918020753j:plain

 

スクリプト側からのセーブ&ロードの基本編はこちらのサイトが参考になります。

※Easy Save2とありますが、昔のアセット名称です。

 

高速化

PlayerPrefs、JSON&XMLより高速なセーブ&ロードは「ES2Writer and ES2Reader」を用います。

ドキュメント

セーブ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
using(ES2Writer writer = ES2Writer.Create("myFile.txt"))
{
    // Write our data to the file.
    writer.Write(this.name, "nameTag");
    writer.Write(this.transform, "transformTag");
    writer.Write(new int[]{1,2,3},"intArrayTag");
    // Remember to save when we're done.
    writer.Save();
}

ロード

1
2
3
4
5
6
7
using(ES2Reader reader = ES2Reader.Create("myFile.txt"))
{
    // Read data from the file in any order.
    reader.Read<Transform>("transformTag", this.transform);
    this.name = reader.Read<string>("nameTag");
    int[] myIntArray = reader.ReadArray<int>("intArrayTag");
}

 

他にはWebデータを扱ったり、スプレッドシートを作成するなど機能面も充実!

暗号化の保存はスクリプトが変わってくるのでご注意を。

 

特長:
- 高速で軽量
     PlayerPrefs、JSON&XMLより高速
- PlayMakerとのインテグレーション
     完全なPlaymakerサポート、コーディング不要
- ファイルIO、リーダーおよびライター
     シリアル化の完全なコントロール
- 暗号による安全なセーブデータ
     セーブデータを暗号化および難読化する
- ウェブからデータをセーブおよびロードする
     PHP&MySQLを用いてアップロード&ダウンロード
- クロスプラットフォームのセーブ&ロード
     セーブファイルおよびコードをすべてのプラットフォームで使用
- ほとんど任意のタイプをシリアル化
     ビルトインおよびカスタムタイプをセーブ&ロード
- ビジュアルセーブファイルエディター
     セーブファイルをエディターから直接編集
- スプレッドシートを作成しセーブ
     Excel、Numbersなどのために
- オンラインで完全にドキュメント化されています
     ガイド、 サンプル、チュートリアル、 APIとともに

 

また、Playmakerでも活躍するアセットで、こちらもセーブ&ロードが手軽に行えます。

 

以下の環境とコンパチブルです:
- Unity 4、Unity 5
- PC、Mac、Linux、Unityエディター、PlayMaker
- Web Player、WebGL、Windows Store
- iOS、Android、Windows Phone 8、BB10

PCとモバイルどちらも対応!

 

オートセーブにより、実行中にシーンで移動したオブジェクトのTransformなど一括保存することも出来そうだ。

f:id:assetsale:20160918020750j:plain

 

PlayMakerで使えるEasy Save

f:id:assetsale:20160918020748j:plain

 

Playmakerについて

f:id:assetsale:20160921222249j:plain

Playmaker

$65 割引無し    6,545円(1ドル 100.7030 円) 

 

プログラミング不要でゲームが作れるUnityのビジュアルスクリプティングと言えばPlaymakerです。多くの人が利用している大人気アセットです。

アニメーション、カットシーン、UIアニメ、スイッチ系のトリガー、敵のAIなど幅広く活躍しています。

 

(Playmakerは長期にわたって30%OFFだったのに、今見たらセールが終わってた!)

 

19ドルの計算結果 (1ドル 100.7470 円)
19ドル は、 1,914円

定価29.99ドルなら、3,021円