読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Camera Path Animator - Animate Cutscenes with Splines パスラインで滑らかなカメラアニメーションを付けるエディタ

50% エディタ アニメーション

f:id:assetsale:20161107234229j:plain f:id:assetsale:20161103182041j:plain

今日のアセット

Camera Path Animator - Animate Cutscenes with Splines

$30 => $15    50%OFF

 

カットシーンに使える「カメラパスアニメーション」を手軽に作れるエディタです。

昔からある定番の大人気アセットがセールで登場だ!

f:id:assetsale:20161103234141g:plain

滑らかなカメラアニメや、オブジェクトをパスラインで移動させるなど活用シーンは多彩。↑の様にシューティングゲームに使うなど3D、2Dどちらでも大丈夫です!

 

エディタを使えばUnityのAnimatorでは作りにくいような、複雑なアニメーションも手軽に取り付けることが可能になるし、滑らかで綺麗なPathが引けるのがCamera Path Animatorの良いところです。

(このアセットは過去のデイリーでゲットして使いました。本気で使えるアセットの1つ)

 

また、任意のオブジェクトをPathで移動させるアセットは他にもありますが、

Inspectorビューに「プレビュー」を表示させる事ができるのはCamera Path Animatorしか見たことがありません。

f:id:assetsale:20160217005237j:plain

↑ シーンビューで作業をしながらInspectorビューのPreview内で直接確認するスタイル。

再生もできるから、作業がとても楽になる♪

画像左の「紫色の矢印」はカメラの向いている方向で、再生して向いてる方向をわざわざチェックする手間が省けます。

 

パスライン上でカメラを動かす意外にも、ポイント毎にFOV(画角)やSPEEDを設定して、緩やかに変化をつけることもできます。

Camera Path Animator - Animate in Unity with Ease - YouTube(0:32)

 

綺麗なPathを引くコツ

Pathと言っても、Camera Path Animatorには、5種類のパスが存在します。

基本的にベジェ曲線が滑らかでイメージ通りになりますが、エルミート曲線や、直線などのアルゴリズムが用意されています。

ベジェ曲線であれば、「むやみにパスを増やしすぎない事」緩やかで綺麗なアニメをさせるには、最小限の数で留めるのが綺麗な曲線を引くコツです。

 

f:id:assetsale:20160217005311j:plain

3D上でキャラの移動に合わせてPathライン上をカメラが追尾する「Pathカメラ」を使えば複雑な地形でもトップダウンが維持できるし、見せたい部分(外観や遠くの目標物など)をシッカリ見せる事ができる。

f:id:assetsale:20161103234158g:plain

f:id:assetsale:20161103233454g:plain

 

15ドルの計算結果 (1ドル 104.4700 円)
15ドル は、 1,567円

定価30ドルなら、3,134円