Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

uLiveWallpaper (Indie) Androidの動く背景「ライブ壁紙」が作れるジェネレーター(インディ版)

f:id:assetsale:20160625224849j:plain f:id:assetsale:20160625224859j:plain

今日のアセット

uLiveWallpaper (Indie)

$29.95 => $16    47%OFF

 

アンドロイド端末を初めて買った人は一度は試すライブ壁紙

GooglePlayで見かけたカッコイイ&ネタライブ壁紙は使って面白いですよね。

学校や友達に見せて簡単に楽しむ事のできる、ライブ壁紙生成アセットです。

f:id:assetsale:20160625232045j:plain

専用プロジェクトを作ってその範囲内で作るだけだと思われます。

 

 

Indie版のアセット説明はPro版と完全に同じなので、日本語説明で書かれてるPro版のアセット説明を引用しました。

APKデモファイルは直リンクになる為、アセットストアからダウンロードして下さい。uLiveWallpaper (Indie)

 

Unity 5.1.3 以降のバージョンが必要
uLiveWallpaperはUnity拡張ツールで、Unity 5が持つポテンシャルを最大限に使い、簡単かつ効果的にAndroid用のライブ壁紙を作成できます。

UnityとuLiveWallpaperで、携帯のホーム画面がクリエイティブになります!
 
Android Demo APK

ハイライト:
- 全ての最新のUnity 5の機能に対応しています。
- Android 2.3以上で、ARMv7およびx86デバイスに対応。
- Android Studio (Android用アプリ開発のオフィシャルIDE)に、プロジェクトを作成します。
- 十分にテスト済みで非常に安定性が高いアセットです。
- 便利なエディタ・インターフェース。わずかクリック一回でAndroid Studioのプロジェクトの更新が行えます。
- シンプルなSettings Activity が自動で作成され、拡張できます。
-分かりやすくシンプルなAPI。
- デモのサンプルはドキュメント化されています。

Unity 5.0以上(PersonalとPro両方)に対応。

Pro版には完全なプラグインのJavaとC#のソースコードが付いています。

 

f:id:assetsale:20160625232047j:plain

 

Pro版は少し前のセールで登場しました。

Indie版の方が安いしProを買うべきか悩んで結局買わなかった人は大チャンス!

2016年5月19日 Proはセールで$40でした。今回の「Indie版」は激安ですね。

Pro版とIndie版の違い

 

Pro版には完全なプラグインのJavaとC#のソースコードが付いています。

 

前回のPro版の時に色々調べてましたが、

「ソースコードが全部見れるか見れないか」だけの違いです。

その他に何か特典があるかどうかは不明。

ネイティブ周りのコードが見れないだけだと思うので、買うならIndie版で十分だと思います。

 

 

・小さな悩み

今日のアセットの下にある「価格表記」に悩む・・・

 

$16  $29.95      47%OFF ←新しく考えたレイアウト

$29.95 => $16    47%OFF

 

上:新しいデザインに合わせたレイアウト

:今まで通り

 

訂正線で定価が見えにくいのと、慣れすぎて「下」が手放せない・・・。

暇な人はご意見下さい。

 

16ドルの計算結果 (1ドル 102.2550 円)
16ドル は、 1,636円

定価29.95ドルなら、3,062円