Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Bone Controller IK(インバースキネマティクス)のベータ版が割引+割引で激安に!足の置き場や顔の向く方向をブレンド

f:id:assetsale:20160618220758j:plain f:id:assetsale:20160618220847j:plain

今日のアセット

Bone Controller

$50 => $37.50    25%OFF

 

インバースキネマティクス(逆運動学、IK(inverse kinematics))に関するアニメーションエディタ

 

まず、「IKとは?」な人の為に解説を引用

3次元コンピュータグラフィックス - Wikipedia


3次元コンピュータグラフィックスの専門用語ではない(むしろロボティクス等の方がどちらかといえば「本家」である)。

人間など多くの関節を持つ動物において、関節の末端部分の位置は常にその親となる部分の位置と角度に依存している。そのため、通常では関節の末端部分の位置を求める場合においてモデルの中心から末端にかけて順番に関節の角度計算をする、という向きが「順方向」である。しかし、その方向で計算したのでは、例えば「机の上を掌でなでるような動き」を実現するのは面倒なものとなる。なぜなら、関節の末端部分の位置の変化を求めるためには複雑な計算をモデルの中心から全て順方向に再計算しなおさなければならないため非常に非効率的だからである。この解決のため、末端部分の位置を先に決めてその関節の末端位置を実現するための親となる関節の角度を、一種の「逆問題」を解くようにして求めることが考えられる。

 

例えば、階段を上るときのアニメーション

IK無しで歩行アニメでそのまま階段を上がると、場合によっては足が地に着いてなくて浮いてるように見えてしまいますが、IKを使えば階段の面に足の裏がピッタリ乗っかってるように見えて現実的な動作になります。

f:id:assetsale:20160618231615g:plain

さらに例えると、敵と戦闘中、両者構えた状況で見つめ合う際、IKを使わず横に移動すると移動方向に顔が向いてしまい緊迫感が無くなってしまいますが、IKの設定で「顔の向く方向は敵の顔」と指定することにより横移動しようがジャンプしようが常に敵の方向を捕らえてバトルしてる感が出せます。

f:id:assetsale:20160618232133g:plain

WebPlayerデモ

↓デモを触ってる動画

Bone Controller Intro - YouTube

 

セットアップ方法

BC Setup: Finger Pose Motor - YouTube

 

様々な角度から歩行アニメで上る

Bone Controller Foot Motor - YouTube

 

ちなみに、Unity標準でもIKは入ってますので、無料で使ってみたい人は標準の方からで良いと思いますが、Bone ControllerFinal IKと比べると挙動はかなり違います!

Unity - マニュアル: IK

 

Bone Controllerの注意点

まだ完成してないベータ版なので、バグが潜んでいたり、我慢強い方でなければ購入はお控えくださいとの事です。

その代わり、割引価格で購入できるから、今はめちゃくちゃ安いです!

しかもセールが重なってるから割引の割引。

先に安く手に入れてアセットの完成を待てる人向きですね。

 

関連

超オススメなのは「Final IK

f:id:assetsale:20160618232719j:plain

β版から完全版になった頃?にセールで登場しました。(当然即ゲット)

Unity標準と比較するとFinal IKの方が自然で正確!!

FINAL IK Biped IK vs Animator IK - YouTube

Final IKは$90と高い買い物なので、Bone Controllerも完成したら結構高くなりそうですね。

 

37.50ドルの計算結果 (1ドル 104.1700 円)
37.50ドル は、 3,906円

定価50ドルなら、5,208円