Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

YUIMgr 複雑になりがちなUIの生成&挙動をスクリプトから制御できる日本作家さんのGUI系スクリプト

f:id:assetsale:20170611231911j:plain

f:id:assetsale:20170610194335j:plain

今日のアセット

YUIMgr

$43.20 => $30.24    30%OFF

 

様々なUIをソースコードから直接指定して配置できるスクリプトです。

 

YUIMgrは、「日本作家さんのアセット」です。

デイリーセール掲載おめでとうございます!!

f:id:assetsale:20170520175632j:plain可愛いw

uGUIのCanvasに手作業で調整という工程を、煩わしいと感じた事はありませんか?

UIの複雑化・多様化

昨今ゲームに要求される演出は多種多様であり、UIの生成・配置でも複雑さを必要とし頭を悩ませる事はないでしょうか。

引用:http://mksftwks.net/YUIMgrManual/index.html

悩みます!カードやキャラ要素を持つソシャゲのような画面が複雑になりがち。

 

公式サイト」では、uGUIでの開発よりYUIMgrの方が優れている点がよくまとめられています。具体的に知りたい方は、真っ先に公式へGO!

 

YUIMgr公式サイト

http://mksftwks.net/YUIMgrManual/index.html

 

YUIMgrを使えば

  • エディタを使ってUIを配置する事への煩わしさを解消
  • スクリプトで生成/破棄のタイミング・配置・管理が行える
  • 大量のUIを表示する際、エディタ画面に大量のUIを並べる必要が無い

YUIMgrの問題点

簡単なラベルやボタンを配置するだけなら手間は増える

このアプリではラベルとボタンが一つだけ表示できればいいという場合は
YUIMgrの導入により、むしろ手間が増えるかもしれません。

引用:http://mksftwks.net/YUIMgrManual/beauty.html

Widget1つを生成するのに2~6行程度のスクリプトを書く必要があるため、単純なアプリには不向きです。

f:id:assetsale:20170520180706j:plain

 

Demoサンプル
Demoサンプル(WEBGL Build)

こちらのサンプルでは、単純なスプライトの表示から、スライダー、ダイアログ、3D表示など試せるようになっています。

 

ここからはデモで見れる内容の中からいくつかをピックアップしました。

※全て見たい方はサンプルデモをチェックしよう。

 

Tween

UIをTweenで移動させることができる。Z方向に回転がかかれば立体的な感じになる。

f:id:assetsale:20170611004535g:plain

 

BUTTON

ボタンの上にカーソルが入ったとき、出た時、クリックした時の検出テスト

f:id:assetsale:20170611005055g:plain

 

TEXT

  • テキストのアンカー位置、改行コード、テキストの更新、
  • 流れる文字(これ結構便利!!)
  • 文字サイズ、太字、斜体、太字&斜体
  • 複数行テキストの表示

f:id:assetsale:20170611005643g:plain

 

TEXT2

ドラクエやノベルゲームの文字のように一文字ずつテキストを出す

f:id:assetsale:20170611005950g:plain

 

スライダーの移動パターン

滑らかに移動

f:id:assetsale:20170611003800g:plain

等間隔に移動 コツコツコツ・・・

f:id:assetsale:20170611003815g:plain

 

テキストボックス

文字を入力後、エンターキーを押したら入力通知が返ってきた。

f:id:assetsale:20170611004208g:plain

 

 

DROPIN

パネルをドラッグ&ドロップすると、列に加わりソートもしてくれる機能が凄い。

 

下のパネルが所持カードで、上の列がバトルに持ってくデッキのような使い方など。

f:id:assetsale:20170611010345g:plain

ちなみに上下関係無く自由に双方向移動が可能です!

※下のパネルが表示エリアの最大枚数に達すると、上下のスライダーバーが出現してスライドが出来るようになります。

f:id:assetsale:20170611010759g:plain

 

確認ダイアログ

「よろしいですか?」のダイアログ(モーダル)の呼び出し

YES/NOもあって、どちらを選択したかの通知を得ることができた。

f:id:assetsale:20170611011733g:plain

 

スプライトマスク

マスク機能の確認と、マルチスプライトでアニメーションができる。

f:id:assetsale:20170611012050g:plain

 

 

ポップアップダイアログ内に、複雑なUIを表示させることも可能だ

f:id:assetsale:20170521161203g:plain

 

YUIMgrチュートリアルNo.1 - YouTube(5:38)

 

YUIMgrチュートリアルNo.2 - YouTube(7:04)

 

Unity 4.6.8 以降のバージョンが必要
YUIMgr(ワイユーアイマネージャー)は Ver1.1.0より4.6.8以降と5.0.2以降のコンパチブル対応をしました!
(4.6.xではPRO版のみの利用となります)

「Only Script, Yes uGUI!!」

UnityのuGUI開発には以下の課題があります。
・簡単なUI配置でもEditor作業
・UI挙動の複雑化・多様化
・複数人での開発のコンフリクト

YUIMgrはスクリプトのみでuGUIを生成・配置するためのライブラリです。
これは以下の利点があり、上記課題を解決します。
・スクリプトのみ、EditorいらずのUI配置
・カスタムスクリプトによる自由な制御、共通化
・複数人でも解決しやすいスクリプトのコンフリクト。

YUIMgrは仮想解像度を採用しており あらゆる解像度の端末で一意のピクセルレイアウトを可能にします。
是非WEBマニュアルをご一読ください。

Web マニュアル
Webマニュアル

基本機能
•基本Widgetの生成・管理サポート
•各Tween機能サポート
•ローカルリソースの同期・非同期ロードのサポート
•アセットバンドルの同期・非同期ロードのサポート
•フロント・バックエンド・3DUIのキャンバスサポート

Demoサンプル
Demoサンプル(WEBGL Build)
(Chrome と Firefox のみ)

 

30.24ドルの計算結果 (1ドル 110.3270 円)
30.24ドル は、 3,336円

定価43.20ドルなら、4,766円