Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Voxeland 粘土細工のように自由で滑らかな形状を作るボクセルタイプの地形生成エディタ

f:id:assetsale:20161013221118j:plain f:id:assetsale:20161009231628j:plain

今日のアセット

Voxeland

$95 => $49    48%OFF

 

Voxelandは、UnityのTerrainシステムとは違う、キュービックスタイルの地形ツールです。

f:id:assetsale:20161010010659g:plain

 

Voxelandは、Cube状の粘土を付け足したり、くり抜いたりするようなイメージで、Terrainでは出来なかった「洞窟」や「アーチ状の立体的な地形」が作れちゃいます。

f:id:assetsale:20161013221800g:plain

Voxeland - YouTube(2:48)

WebPlayerデモ

マシンスペックが要求されますが、ウェブ上でエディタと同じように地形が生成できます。

ドキュメント | フォーラム

 

Voxeland tutorial on Vimeo(7:28)

以下はチュートリアル動画を軽くまとめた内容です。

 

GameObject > Create Other > Voxeland Terrainを選択します。

f:id:assetsale:20161009234319j:plain

 

セットアップ画面が開きます。

f:id:assetsale:20161009234159j:plain

「Chunk Size」を指定し、「Create Date In...」をクリック。

初期データの保存先を指定して、「Crate Terrain」からTerrainを作成します。

f:id:assetsale:20161009234519j:plain

Cubeタイプの地形が出現。これが初期状態です。

VoxelandはキュービックスタイルのTerrainなので最初から立体なのです。

f:id:assetsale:20161009235002j:plain

 

基本的な操作

ブロックを追加:左クリック

ブロックを削除:左クリック + Shift

エリアを平均化:左クリック+control

ブロックを交換?:左クリック+control + Shift

f:id:assetsale:20161009235216j:plain

 

Inspectorを見てみましょう。

f:id:assetsale:20161010001911j:plain

Brush Size:ブラシサイズ

Block Types:ブロックタイプ

UnityのTerrainでいうテクスチャに近いものだけど、Voxelandではブロック単位で、「テクスチャ、Grass、Treeやランプなどのオブジェクト」を個々に管理します。

「Add」をクリックすれば、新たなブロックタイプが追加され、新たなブロックタイプを作ります。

 

Texture

ちなみに、1つ目のブロックんいテクスチャをセットすれば地形の全体に対してタイリングされます。Bumpも指定可能です。

f:id:assetsale:20161010003312j:plain

 

Grass

f:id:assetsale:20161010003401j:plain

Has Grass Aboveにチェックを付けて、SettingsのGrass Materialに草のマテリアルをセットするとUnityのGrassと同じような草を生やすことができる。

f:id:assetsale:20161010003525j:plain

Tree

f:id:assetsale:20161010003816j:plain

Treeには木のオブジェクトを指定します。

f:id:assetsale:20161010004024p:plain

好きなオブジェクトがセットできるのでライト等ポチポチ配置することも出来る。

f:id:assetsale:20161010003750j:plain

 

f:id:assetsale:20161013222924g:plain

UnityTerrainとは別のアプローチで作る地形生成エディタ!これ結構気になるかも。

 

49ドルの計算結果 (1ドル 103.6480 円)
49ドル は、 5,079円

定価95ドルなら、9,847円