読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

UMP (Android, iOS) モバイルプラットフォームで動画プレーヤーUI / ムービーテクスチャ系 / VRパノラマ動画付きのUMPフレームワーク

27% スクリプト ビデオ

f:id:assetsale:20170315000356j:plain f:id:assetsale:20170310192231j:plain

今日のアセット

UMP (Android, iOS)

$59.40 => $43.20    27%OFF

 

UMP(Universal Media Player) 「Android・iOS専用」の動画再生メディアプレイヤーです。

 

ローカルまたはネットから動画をストリーミング再生することが出来ます。

f:id:assetsale:20170313060509g:plain


最新のUnityで改善されてるか試して無いので断言できませんが、モバイルプラットフォームで動画再生する場合、全画面表示しかサポートされていません。(UIを手前に表示することもできなかった)

Unity - マニュアル: ムービーテクスチャ(3/14付のマニュアルにも記載されてます)

 

UMP (Android, iOS)なら、全画面だけでなく、ムービーテクスチャのようにテクスチャとして表示することも出来るし、

再生・一時停止・倍速再生・シークを動画再生中にUIでコントロールする事ができます。

f:id:assetsale:20170313060736g:plain

 

 

ムービーテクスチャ

Movie Textures は、ビデオファイルから作成され、アニメーション化された Texture です。プロジェクトの Assets フォルダー に動画ファイルを配置することによって、通常使用する 2D テクスチャとまったく同じように使用できるビデオをインポートすることができます。

Unity - マニュアル: ムービーテクスチャ

マニュアルによるとiOS、Androidは今もサポートされていない。

フルスクリーン画面での動画再生に限られていて、シークバーや音量調整などのUIを動画と一緒に表示する事は出来ません。

 

そこで今回のアセット「UMP (Android, iOS)」が問題を解決してくれます。

本当に再生出来るかは、Androidのサンプルデモで確認してみよう。

デモビルドを試してみてください:
Demo(libVLC) apk

 

Androidで、複数同時画面による再生。サスレジしても問題無さそうだ。

f:id:assetsale:20170313060408g:plain

 

再生機能

再生・一時停止・再生速度の調整、シーク、経過秒数の取得が行えます。

 

360度パノラマ再生

VR動画でおなじみの、ジャイロスコープの360度パノラマ動画(Carboard / GoogleVR)に対応しています。

f:id:assetsale:20170313055547g:plain

 

フォーマット

+サポートされているローカルビデオファイルの再生、主なフォーマット:
M4V、Matroska(.mkv)、Ogg Video(.ogg)、QuickTime File Format(.mov、.m4v)、M4V(.m4v) .qt)、WebM(.webm)、Windows Media Video(.wmv)です。

 

セットアップ

- Unity Editorでビデオを再生するには、通常のVLCプレーヤー(Unity 64ビットエディタ== VLCプレーヤ64ビット)をインストールする必要があります。

事前にVLCプレイヤーをインストールしておく必要があるそうです。

 

VLCプレイヤー64bit版ダウンロード公式サイト

https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

 

Universal Media Player for UNITY (Android, iOS) - YouTube(3:42)

 

f:id:assetsale:20170310192541j:plain

f:id:assetsale:20170310192543j:plain

f:id:assetsale:20170310192545j:plain

f:id:assetsale:20170310192547j:plain

 

Unity 5.3.0以降のバージョンが必要
UMPは、Video LAN Codec(libVLC)とFFmpegネイティブライブラリをベースにしたUnity用Universal Media Frameworkプラグインです。
デモビルドを試してみてください:
Demo(libVLC) apk

重要:
- UMPを使用する前にユーザーマニュアルをお読みください。
- Unity Editorでビデオを再生するには、通常のVLCプレーヤー(Unity 64ビットエディタ== VLCプレーヤ64ビット)をインストールする必要があります。
- UMPなしのPC、Mac、Linuxスタンドアロンビルドはサポートしていません(Win、Mac、Linux)。
- 最初にUMP(Android、iOS)パッケージをインポートし、プロジェクトにUMP(Win、Mac、Linux)パッケージをインポートした後、UMP(Win、Mac、Linux)
- ActivityLifecycleCallbacksを処理する可能性が追加された後、最小APIレベル14(Android 4.0)が必要です。
- ビデオストリームの場合、プレーヤー設定の正しい作業スイッチ - インターネットアクセス:必須。

主な特徴:
+ UMP(Win、Mac、Linux)による完全なコンパイル。
+サポート:
* Android(x86とarmeabi-v7aの両方に対応);
* iOS(arm64とarmv7ビットの両方に対応)。

Unity Editorでビデオを再生することがサポートされています。

+ネイティブのAndroidメディアプレーヤーとlibVLCを切り替えることができます。

+現在のビデオフレームのピクセルを取得するためのサポートされた可能性(Androidのみ)。

+サポートされているビデオホスティングサービス:
* Youtube(サポートしていない:すべてプライベート(プライベートビデオ、購入したムービー、...)、 "Youtube Live Streams"はサポートしていません。

+サポートされているローカルビデオファイルの再生、主なフォーマット:
M4V、Matroska(.mkv)、Ogg Video(.ogg)、QuickTime File Format(.mov、.m4v)、M4V(.m4v) .qt)、WebM(.webm)、Windows Media Video(.wmv)です。

+サポートされているメインストリーミングメディアプロトコル:
HTTPS、HTTP、HLS、RTSP、RTMP。

+サポートされているメインビデオプレーヤーのイベント:
オープニング、バッファリング、再生、一時停止、停止、終了、エラー。

+再生、一時停止、ミュート、再生レート、巻き戻しなどの主な動画プレーヤーの機能をサポートしています...

UMPプラグインの新しいバージョンに更新する前に、古いバージョンを削除して、カスタムスクリプトとプラグインファイルを保存することを忘れないでください
バージョン1.6.2:
*新しいスムーズループ機能が追加されました。
IDEプロセスのデバッグ(experimentalantal)を使用する可能性を与える特別なUMP「デバッグモード」を追加。
ビデオホスティングパーサーマネージャ用のエラーハンドラを追加。
*更新された再生イベントシステムの実装。
*現在再生中のビデオの正しいアスペクト比を扱えるように更新された機能。
*準備された準備ロジックを更新しました(メディアプレーヤーにビデオ出力がない場合は追加のテクスチャアップデートが必要です)。
*更新されたyoutubeの解析機能(最後のyoutube apiのアップデートで修正された問題);
*ビデオフレーム数とfps値を取得する可能性の更新実装。
*ユーザーマニュアルの更新。
*新しいUMPインスタンスをプログラムで作成するときの再生レートと音量値の問題を修正しました。
* Androidプラットフォームでフレームバッファを取得する可能性のある問題を修正しました。
*ネイティブAndroidプレーヤーを使用する場合の.apkファイルのインストールに関する問題を修正しました。
UMP UnityEventを使用したプロプラムの修正。
* AndroidプラットフォームでのFacebook SDKサポートの問題を修正しました。
* iOSプラットフォームでのGoogleVRサポートの問題を修正しました。

バージョン1.6.1:
ユニバーサルアーキテクチャでIL2CPPスクリプトバックエンドを使用する可能性が追加されました。
* iOSプラットフォーム上の各プレーヤーインスタンスの再生音量を変更する可能性を追加しました(システム音量をもう使用しないでください)。
* Androidプラットフォーム用の「マルチスレッドレンダリング」サポートを追加。
*更新された再生/読み込みビデオの朗読。
*更新されたiOSのレンダリング方法、最適化されたテクスチャのレンダリング。
* iOSのネイティブライブラリを更新しました。
*更新されたネイティブAndroidプレーヤーの実装。
* Androidプラットフォームで長時間の再生フリーズの問題を修正しました。
*ループモードでの再生のプロパティ(音量、ミュートなど)の保存に関する問題を修正しました。
ライブストリーミングアセットビデオファイルのためにlibVLCを使用すると、*ビデオファイルをキャッシュする問題を修正しました(自動クリアキャッシュ機能を追加)。
* Unity Input Fieldコンポーネントの問題を修正し、Androidプラットフォームでのビデオ再生をフリーズしました。
ユニティエディタの新しいバージョンを使用すると、ネイティブアンドロイドプレイヤーの問題を修正しました。

バージョン1.6:
iOSプラットフォーム用のil2cppとリリースモードビルドの問題を修正しました。
*一時停止モードで巻き戻す可能性を追加。
*更新されたNewUIExampleシーン。
*すべてのソースコードを更新しました。
*ユーザーマニュアルの更新。
* Androidプラットフォームのミュートの問題を修正しました。

バージョン1.5.2:
*更新された予圧設定システム。
* ARマテリアルを更新して、マテリアルティリング(フリップテクスチャ)を使用する可能性を追加しました。
*更新されたYouTubeビデオ解析システム。
* iOSプラットフォームのネイティブプラグインが更新されました。
*更新されたNewUIExampleシーン。
*再生/一時停止機能の問題を修正しました。
* RTMPストリームの問題を修正しました。
* libVLCライブラリなしでネイティブプレーヤーを使用してビルド段階での問題を修正しました。

バージョン1.5.1:
* Androidネイティブメディアプレーヤーを使用する可能性が追加されました。
*いくつかのYouTube動画の再生に関する問題を修正しました。
* Androidプラットフォームでのハードウェアアクセラレーションの問題を修正しました(高解像度ビデオのスムーズな再生 - 4k)。
*ファイル名の長さが3文字未満の再生ローカルビデオファイルの問題を修正しました。

 

※透過再生には対応してないようですが、クロマキー系のシェーダーを使えば荒さは目立つけどいけるらしい。

 

ビデオ系アセット

UMP (Android, iOS)と同じくモバイルでムービーテクスチャができる有名アセット「Easy Movie Texture (Video Texture)」もオススメです。

負荷がかかるけど再生はできる。UMP (Android, iOS)がどれほど軽く扱えるかが気になるポイントです。 

43.20ドルの計算結果 (1ドル 114.6670 円)
43.20ドル は、 4,954円

定価59.40ドルなら、6,812円