Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Third Person Controller Template TPSキャラクターが10秒で作れるフレームワーク(敵のAIやインベントリも搭載!この完成度が凄い)

f:id:assetsale:20170712214737j:plain

f:id:assetsale:20170711221443j:plain

今日のアセット

Third Person Controller - Melee Combat Template

※日本語タイトル名は「Third Person Controller Template」

$59.40 => $41.58    30%OFF

 

昨日に引き続き、3人称コントローラーを瞬時にセットアップできるアセットが登場!

 

今回は、「ゼルダの伝説」や「ダークソウル」のような近接攻撃(剣や盾)で攻撃するタイプの、フレームワークです。

※モバイルプラットフォーム対応

 

 3人称コントローラーを開発するのは非常に難しく、時間がかかり過ぎます。そのため私たちはあなたが すべての装備を備えたモデルを10秒以内に作成でき、ゲーム開発に専念できるようこの素晴らしいテンプレートを開発しました!

 

セットアップは10秒!? さっそくチェックしてみた。

は、早い!一瞬で動かせるキャラクターの出来上がり♪

 

アクション / 武器 / インベントリ

剣と盾を装備して、近接攻撃をするバトルシステム。

攻撃ボタン連打で発生しそうな、連続攻撃モーションが綺麗に繋がる爽快バトル!

剣と盾を駆使する「敵のAI」も同梱されているから、ガッツリ戦えるのが面白い。

AI作りでお困りな方も、このアセットだけで完結できそうですね。

 

※アイテムリストから回復薬を使ったり、装備を調えたりするインベントリも搭載。

 

 

宝場を開けたり、樽を壊してドロップしたアイテムも拾うこともできる。

キャラクターの「足跡」が地面に残ってて、走ってる感じのエフェクトも素晴らしい。

- メッシュまたは地形上での足音システム 

 

トレーラー動画

開発したいスタイルに近いかどうかチェックしよう。

Invector 3rd Person Controller v2.0 Trailer - YouTube(1:51)

キャラクターとアニメーションを用意して、エディタで登録して組み立てていくスタイル。

大幅な工数削減で、本格的なTPSゲームが作れます。

 

 

パブリッシャー「INVECTOR」シリーズ対応表

このアセットは、開発するゲームタイプに合わせてアセットが分けられています。

(全部で3タイプ)

真ん中の「Melee Combat Template」が、今日のセール品となっております。

f:id:assetsale:20170711235642j:plain

それぞれ違いは、、

Locomotion Tamplate:$37.80

武器使用不可能タイプ

飛び越えや登りなどの運動と、障害物に衝突したらぐったりするRagdoll付き、

クライミングゲームや、移動目的などに使える安価なタイプ。

 

Melee Combat Template:$59.40 => $41.58    30%OFF

近接攻撃系で、武器使用可能。

敵はWayPointで徘徊させて、プレイヤーを発見したら戦闘モードになるAI。

発見したアイテムを取得して、回復薬を使ったり武器を装備するインベントリシステム。

「素手の格闘スタイル」や「剣と盾の装備」で戦うのが特徴的。

※今日のアセットです。

 

Shooter Tamplate: $81.00

銃システムが搭載され、近接攻撃、遠距離攻撃、両方対応するフルパック。

今日のアセットを踏み台にして、アップグレードでお安くゲットすることも出来ます。

$41.58 + $21.60 = $63.18 (17.82ドルお得)

 

チュートリアル Part1を購入前にチェック

Unity - Invector Melee Combat v1.3 Tutorial Part1 - YouTube(全6部)

 

ダイジェスト

  • キャラクターの手と足の部位を、緑黄赤のガイドを見ながらリサイズして調整
  • Animatorで、オリジナルアニメーションと差し替え
  • 武器のグリップ、コライダー、当たり判定部分を整えて、音とエフェクトを接続
  • キャラクターが武器をしっかり握ってるように位置を整える

f:id:assetsale:20170712010243g:plain

緑黄赤のガイドがわかりやすい!武器の各部を登録していく開発スタイルが便利だなぁ。

 

Unity 5.3.4 以降のバージョンが必要
AAA品質の3人称コントローラー
運動テンプレート

3人称コントローラーを開発するのは非常に難しく、時間がかかり過ぎます。そのため私たちはあなたが すべての装備を備えたモデルを10秒以内に作成でき、ゲーム開発に専念できるようこの素晴らしいテンプレートを開発しました!

この運動テンプレートは3人称ゲーム、シューター、RPG、アクションアドベンチャーなど、あなた独自のゲーム開発の基礎となります。

機能 >
- いかなるモデルも10秒以内で作成可能
- リジッドボディ&ルートモーションのコントローラー
- Mecanim&ヒューマノイド
- カメラ状態付き3人称カメラ
- モバイルデバイス対応
- 振動対応360コントローラー
- 入力タイプのリアルタイム自動検出
- メッシュまたは地形上での足音システム
- 完全にコメントされたC#コード
- ドキュメンテーション、ビデオチュートリアル
- ラグドールや物理演算をフル活用しまsyほう

[Invector]

[ドキュメンテーション]

[フォーラム]

 

サンプルデモ

日本語説明の方には見当たりませんが、英語に切り替えると出現しました。

- WINDOWS DEMO

 

Androidのデモは見当たりませんが、

モバイルでの操作性を試したい方は、Shooter Tamplateのアセット説明からデモをダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:assetsale:20170711222016g:plain

敵のAIはWayPointで徘徊させられるし、バトル中のAIの動きはちゃんとした人工知能と対戦してる感があります!

この手軽さだけでもかなり助かりますね。

 

過去記事の動画

Third Person Melee Combat Template for Unity 5 - YouTube

紹介したい部分があるので参考として引っ張ってきました。

見所は1:30〜で、作れるゲームタイプがわかるようになってます。

墓場でガイコツやボスと戦うゲーム、ゾンビと近接戦するホラーゲームなど参考になります。

 

前回セール情報

2016年6月7日のデイリーセールで登場しました。※BIGGEST SALEは例外

なんと、去年の定価「$69.99」だったのが、今は「$59.40」に値下がってる!

 

お知らせ

あと3記事書いたら、このブログは1000記事突破します!

しみるなぁ・・・。

 

追記 21:48

セールギリギリですが、買いました〜!

 

41.58ドルの計算結果 (1ドル 113.9300 円)
41.58ドル は、4,737円

定価59.40ドルなら、6,767円