Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

TEXDraw UnityUIで数学で用いられる数式組版をLaTeXタグで表示するためのスクリプト

f:id:assetsale:20170403152822j:plain

f:id:assetsale:20170403152821j:plain

今日のアセット

TEXDraw

$37.80 => $27    29%OFF

 

TEXDrawは、数学で用いられる数式の組版を表示するためのGUIテキスト表示系アセットです。

 

複雑な計算式だったり、テキストの微妙な位置調整、記号の挿入、カラーリング、シェーダーを使えばデザイン的な要素を付け加えることもできます。

 

TEXDrawを使用する他の利点は、スクリプト、インテグラル、ルーツ、小数部、行列、テーブルなどを描画できるように、豊富なコマンド(LaTeXタグ)を持つことです。また、カスタムフォント、サイズ、色、スタイル行間、傾き、インデント、ボディマージンなどを含む、さまざまな種類の属性を使用できます。テキストエフェクトは、URL、頂点グラデーション、UV2マッピング、個々の文字変換などをリンクする機能も果たします。詳細は、ドキュメントまたはチートシートを参照してください。

f:id:assetsale:20170403153026g:plain

 

記述方式

いくつも文字のレイヤーを組み合わせて作るのでは無く、HTMLのように文字をタグで囲って組み立てられます。

f:id:assetsale:20170403173619j:plain

メッシュとダイナミックフォントを使用して式を描画するので、ゲームで動的に変更できます。シンボルや特定のスタイルを定義するために、HTMLタグの代わりにLaTeXと呼ばれる同様のメソッドを実装しています。

 

LaTeX(ラテック、ラテフ、レイテック、レイテックス)とは

レスリー・ランポートによって開発されたテキストベースの組版処理システムである。電子組版ソフトウェア TeX にマクロパッケージを組み込むことによって構築されており、単体の TeX に比べて、より手軽に組版を行うことができるようになっている。\LaTeX と表記できない場合は“LaTeX”と表記する。

なお、LaTeX を基にアスキーが日本語処理に対応させたものとして日本語 LaTeX が、さらに縦組み処理にも対応させたものとして pLaTeX がある。

LaTeX - Wikipedia

 

「UnityUI」「NGUI」「TextMeshPro」に組み込み可能!

 

なんと、TEXDrawのUIを、Unity UIのレンダリングで使用する事ができ、

NGUIやTextMeshProのGUI系エディタにも組み込む事ができるとのこと。

 

NGUIやTextMeshProで扱えなかった数式組版やテキストの表現の幅をグレードアップさせる素晴らしいアセットですね!

 

TEXDrawのコンポーネントをシーンに添付するだけで、TEXDrawをUnityのUIレンダリング(またはMesh 3D)で使用することができます。また、NGUIやTextMeshProへの組み込みも組み込まれています。それに加えて、アセットのソースは完全にオープン(DLLなし)なので、必要に応じて拡張することができます。

 

 

TextMesh Proで数式

 

f:id:assetsale:20170403161841j:plain

TextMesh Pro 

Unity公式アセットとなり無料配信

 

TextMesh ProでもTEXDrawのような計算式を一部表示させる事ができます。

しかし、文字にエフェクトを付けたりするデザイン重視アセットであるため、TEXDrawレベルの複雑な計算式を表示するのは難しい・・・。

 

サンプル動画から一部抜粋

f:id:assetsale:20170403162545p:plain

※注意! この画像はTextMesh Proのものです。

 

テキストボックスに入力されているタグ

<u>9x<sup><#00ff00>3</color></sup></u> +

<u>4x</u><sup><#00ff00>2</color></sup> + <u>2x + 4 = 0

<#ffff00><u><i><#ff8000><b>Propane</b></i></u></color> = ....

f:id:assetsale:20170403162539p:plain

※注意! この画像はTextMesh Proのものです。

 

Unity 5.2.1以降のバージョンが必要

|ドキュメンテーション|チートシート|
|デモ(Windows EXE)|デモフォーラム|

TEXDrawは、主にUnity内で数学的表現を作成するために設計されたアセットです。 TEXDrawはメッシュとダイナミックフォントを使用して式を描画するので、ゲームで動的に変更できます。シンボルや特定のスタイルを定義するために、HTMLタグの代わりにLaTeXと呼ばれる同様のメソッドを実装しています。

このアセットには16個のフォント+ 1パックのスプライトがあるため、最初は+600個のシンボルをプロジェクトで使用できるようになります。ドキュメントを介して完全なシンボルのリストを見ることができます。これらのフォントは軽くオプションですので、後で削除することができます。

TEXDrawのコンポーネントをシーンに添付するだけで、TEXDrawをUnityのUIレンダリング(またはMesh 3D)で使用することができます。また、NGUIやTextMeshProへの組み込みも組み込まれています。それに加えて、アセットのソースは完全にオープン(DLLなし)なので、必要に応じて拡張することができます。

TEXDrawを使用する他の利点は、スクリプト、インテグラル、ルーツ、小数部、行列、テーブルなどを描画できるように、豊富なコマンド(LaTeXタグ)を持つことです。また、カスタムフォント、サイズ、色、スタイル行間、傾き、インデント、ボディマージンなどを含む、さまざまな種類の属性を使用できます。テキストエフェクトは、URL、頂点グラデーション、UV2マッピング、個々の文字変換などをリンクする機能も果たします。詳細は、ドキュメントまたはチートシートを参照してください。

TEXDrawはモバイルフレンドリーです。何も変更されていないときは何もしません。パフォーマンス面では、軽量で、独自のプーリング・システムを備えており、テキストが再生成されるたびにGC割り当てを(ほぼ)ゼロにします。 TEXDrawは独自のパフォーマンスベンチマークシーンを持ち、標準UIテキストよりも最大40%遅いことを示しています。

ゲーム内での優れた機能に加えて、プロジェクト全体の設定、エディタのハイライト、フォントマネージャ、マテリアルマネジメント、ベンチマークツール、メニューアイテムなどから、完全にカスタマイズされた機能エディタも提供されます。エディタ)は、どのフォント/スプライトを置いても新しいフォントをインポートする方法であり、パッケージに残りのインポート処理をさせます。

その他の機能については、マニュアルに記載されています。問題が発生した場合は、ドキュメントの下部にある一般的なトラブルシューティングを参照してください。バグや機能要求は、フォーラムや電子メールを介して通知/要求できます。

 

27ドルの計算結果 (1ドル 111.3380 円)
27ドル は、 3,006円

定価37.80ドルなら、4,209円