読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

SpriteToParticles キャラやUIなどの「2Dスプライト」に粒子化されたエフェクトを付ける追加アニメ系スクリプト

f:id:assetsale:20170328165706j:plain

f:id:assetsale:20170311220003j:plain

今日のアセット

SpriteToParticles

$21.60 => $16.20    25%OFF

 

2Dスプライトから色情報で粒子化して、パーティクル系エフェクトを付けるスクリプトです。

 

風に流される、電光掲示板、発光、ブラー?などのエフェクトで静止画に命を吹き込む。

f:id:assetsale:20170327183529g:plain

 

セットアップ

GameObjectを作成し、SpriteComponentとShuryken ParticleSystemを割り当てます。 次に、3つのコンポーネントを提供します。 Playを押して、声を出してください! スプライトから放出されたパーティクル
提供されたデモシーンを必ず確認してください。

 

動く仕組み

コンポーネントは、主にスプライトピクセルの位置に基づいて、割り当てられたスプライトからパーティクルを放出します。
スプライト内の特定の色からも放射することができます。 アルファチャンネルを0に設定したピクセルは省略されます。

 

固定されたUIもバリバリ動くぞ!これいいかも。

f:id:assetsale:20170327183242g:plain

 

SpriteToParticles - Asset Store Package - YouTube(1:14)

 

f:id:assetsale:20170311220817g:plain

 

Unity 5.4.1以降のバージョンが必要
アップデート1.2.2
(+)UIの静的放出を追加しました
(+)固定Unity 5.5+の問題
(+)UIの一部のシェーダのコンパイルエラーを修正しました(これを修正するには、プロジェクト内の「すべてを再インポートする」必要があります)

アップデート1.2
(+)UIに対するサポートの追加
(+)2つのUIデモシーンを追加
(+)新しい非UIデモシーンが追加されました
(+)迅速な開発のためのいくつかのプレハブを追加(青写真として使用)
注:スライスされたUIイメージは現時点ではサポートされていません。

SpriteToParticlesは、Shuryken Particle SystemのエミッタとしてSpriteコンポーネントを使用する3つのスクリプトで構成されています。スプライトのピクセル位置および/または色をエミッションソースとして使用します。

使用例は次のとおりです。
- スプライトのキャラクターまたはアイテムのエフェクト。
- 背景の強化。
- 静止画像に命を吹き込む。

詳細:
- フルソース、完全コメント
- 使用例の異なる8つのデモ
- すべてのプラットフォームで動作する(パフォーマンスを確認するためにドキュメントを読む)

やってみよう:
WebGL

考慮事項:
- 読み込み/書き込みオプションは、テクスチャインポート設定(テクスチャインポータ)で有効にする必要があります。
- モバイルでは大量のパーティクルは処理しません。排出量を低く抑えてください。

購入する前に、以下にリンクされているドキュメントとスクリプトのリファレンスをお読みください

ドキュメンテーション
スクリプトDoxygenリファレンス

フォーラムのサポートスレッドはこちら

あなたがパッケージで作ったものを共有してください! :)

デモは素晴らしい(そして自由な)アートを使っています:
Calciumtrice and Tatermand

 

サンプルデモ

WebGL

リンク切れ?で確認できず。

 

お知らせ

ただいま病院で療養中です。

18時頃に更新されます。

 

16.20ドルの計算結果 (1ドル 110.6440 円)
16.20ドル は、 1,792円

定価21.60ドルなら2,390円