Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

QMaze 様々な条件を設定して「迷路」をジェネレート!RPGのマップにも使える迷路生成スクリプト

f:id:assetsale:20170416065118j:plain

f:id:assetsale:20170408154038j:plain

今日のアセット

QMaze

$21.60 => $16.20    25%OFF

 

編集中、もしくはゲーム実行中にランダムで「迷路」を自動生成するスクリプトです。

 

迷路は6個の基本的なピース(必須)および14の追加のピースを用いて作成されます。

オリジナルの3Dモデルを各ピースにセットしてジェネレート。

迷路生成するタイミングは、編集時でも、ゲーム実行中どちらも対応しています。

 

世界樹の迷宮のようなRPG用のダンジョンマップとしても活用することができそうですね。

f:id:assetsale:20170415180621g:plain

 

カスタマイズ性の高い迷路生成

「迷路のサイズ」や「スタート地点」の設定はもちろんのこと、

生成条件を付け加えて迷路が生成できるようになっています。

f:id:assetsale:20170415201712g:plain

- 迷路のピースは任意のサイズが可能です
- テーマを簡単に変更するため、迷路のピースはパックでセットされます
- より多くの変化をもたらすため、各ピースはいくつかのジオメトリータイプでセットできます。

- 迷路は編集時またはランタイムにコードにより生成できます

- 1つのシーンの中でいくつかの異なる迷路が存在できます
- 迷路は入口を持つことが可能です(正確な入口の位置およびその方向を指定できます)

- 障害物を指定できます(そのエリアでは迷路はなくなります)
- 唯一の経路を持つ迷路を生成するモード
- 特定の迷路を生成するため、生成シードを指定できます
- 固定またはランダマイズされた開始および終了ブロックを追加で生成できます(1個または数個。正確な位置および方向を指定、またはランダムにできます)
- 迷路はジオメトリーで生成したり、またはどのような用途にも使える迷路データ配列の形式で生成できます
- 迷路は同期方式、または生成処理の現在の進行状況を受信する機能を持った非同期方式で生成できます

 

f:id:assetsale:20170408155027g:plain

 

サンプルプレイ

デモ 1 | デモ 2 | デモ 3

 

私の環境が悪いのかもしれませんが、WebGLからエラーが出て試せません;

An error occured running the Unity content on this page. See your browser's JavaScript console for more info. The error was: uncaught exception: incorrect header check

エラーの対策としては、こちらのサイトさまを参考に作者さんが対応すれば動くとのこと。

UnityのWebGLでUncaught unknown compression methodエラーになる場合の応急処置 - 自分用めも

 

 

QMaze 1.0 - Unity3d Asset Store - YouTube(3:01)

 

前回セール情報

2016年1月1日にセールで登場(正確には2015年12月31日)

 

Lite版もある

もっとお手頃にゲットしたいときはLite版もあります。
一番厳しいのが「基本の6ピース」のみ追加可能ということ。(スタート位置の設定も無し)
通常版より表現できる幅が減った内容で、カスタマイズできる項目も減っていますが、
縦横のみの迷路でよければLiteも視野にいれても良いと思います。

 

16.20ドルの計算結果 (1ドル 108.4800 円)
16.20ドル は、 1,757円

定価21.60ドルなら、 2,343円