Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【On Sale This Week】<カタログ記事> 今週は「VR」がテーマ。 360度パノラマ撮影 / VR動画再生 / Terrainローポリ化 / VRワークフロー / アンビエントオクルージョン(VAO) / インテリア3Dモデル / Hap動画再生

f:id:assetsale:20170904225502j:plain

今週のアセット

On Sale This Week

 

今回のテーマは、「VR」に関する7つのアセットが登場です!

 

公式テーマ発表(Unity公式からの「お知らせ」)

ただいま発表待ち

フォーラム

 

この記事について

7種類のアセットをサクッと見れるカタログ記事です。

数が多いのでコメントも数行程度で概要がわかるレベルとなってます。

 

※また、セール終了前日に「最終日のお知らせ記事」をお届けします。

 

【セール期間】2017年9月11日22:00まで

  1. VR Panorama 360 PRO Renderer(シーンビューの360度パノラマ撮影)
  2. VR Video Player(簡単セットアップな動画再生プレイヤー)
  3. Low Poly Terrain(Terrainをローポリ化にするエディタ)
  4. VR Easy(VRのスターターとして使えるワークフローツールセット)
  5. Volumetric Ambient Occlusion(SSAOの一種。VRサポート)
  6. [Butterfly World] ArchViz Interior Vol.01(現代的なリビングの3Dモデル)
  7. Demolition Media Hap(高速低負荷なHapコーデック動画再生スクリプト)

 

 

f:id:assetsale:20170904225605j:plain

f:id:assetsale:20170904230147j:plain

VR Panorama 360 PRO Renderer

スクリプト/ビデオ

OliVR

$52.92 => $39.69    25% OFF

 

Unityのシーンビューを360度パノラマ動画撮影をして、VRヘッドセットで視聴したり(Oculus Rift、Gear VR や Google Cardboardなど)、ネット動画サービスなどに配信するパノラマ動画(YouTube、VRideo、Milk VR)が作成できるレンダリングスクリプトです。

 

YouTubeのパノラマ動画

これはアセットストアで販売中の3Dモデル(HQ Western Saloon)を、VR Panorama 360 PRO Rendererのカメラを用いたサンプル動画です。

HQ Western Saloon | Unity 5 360 VR Panorama Render - YouTube(0:42)

 YouTubeのパノラマ動画は、VRヘッドセットを持っていなくても、動画再生中にドラッグ操作を行えば好きな方向で見渡す事ができます。

 

Stardom - Interzone (Joy Division remake) at Virtual Rainbow Club - YouTube(4:00)

 

VR Panorama (V0.5b) - New Stitching render example (on UnityLabs asset) - YouTube(0:30)

 

"Creation" by Virtual Cage (360 version) - YouTube(3:45)

 

VRPanorama - Unity Viking Village 360 video - YouTube(0:30)

 

キャプチャスクリプト

f:id:assetsale:20170904232312j:plain

f:id:assetsale:20170904232318j:plain

 

画像3枚  6秒で一周します。

f:id:assetsale:20170904232400g:plain

 

前回セール情報

2016年8月23日のデイリーセールにて登場しました。(25%OFF)

 

アセット説明

Unity 5.0.1 以降のバージョンが必要
Unityを制作準備済のオフラインレンダリングシステムのように使いましょう。

VRPanoramaは360度ステレオパノラマ及び4Kビデオがエクスポート可能なオフラインレンダリングシステムです。このアセットを使えば、VRヘッドセット(Oculus Rift、Gear VR や Google Cardboardのような)やオンラインの360度ビデオサービス(YouTube、VRideo、Milk VR)のための、機能的な360度立体パノラマムービーとイメージシークエンスを簡単かつ高速にレンダリングすすることができます。
-Unity 5からHDおよび4Kビデオを直接キャプチャー。
-音声が収録されたビデオのキャプチャー。(実験的)

特長
-高品質の立体(および平面)360度パノラマイメージシークエンスムービーを直接UnityからVR HUDへ出力。
-PNGおよびJPGシークエンス出力。
-ビデオおよびステレオパノラマをH.246 (MP4)にエンコード
ディファード(遅延)サポート、フォワードおよびスクリーンスペースイメージエフェクトのHDRレンダリング。更に一段上の品質のためのインターナルスーパーサンプルアンチエイリアシング
コンフィグ可能なレンダリングクオリティVS。速度
非常に高速なGPUで高速化されたレンダリング


OSX、PCプラットフォームOGL、DX9、DX11とコンパチブル。

フォーラムスレッド 

 

 

f:id:assetsale:20170905005500j:plain

f:id:assetsale:20170905005454j:plain

VR Video Player

スクリプト/ビデオ

Evereal

$21.59 => $16.19    25% OFF

 

VR用の360度動画再生のスクリプトです。

 

セットアップにかかる時間はなんと15秒程度!ViewerとPlayerのPrefab2つを使って手軽に再生できるお手軽感が素晴らしい♪

 

サポートされているVR SDK:
Google Cardboard
Google Daydream
Oculus GearVR
Oculus Rift
HTC Vive

 

Unity VR Video Player Asset Demo v1.0.0 - YouTube(1:02)

f:id:assetsale:20170905013454j:plain

f:id:assetsale:20170905013458j:plain

f:id:assetsale:20170905013507j:plain

 

画像5枚  10秒で一周します。

f:id:assetsale:20170905013442g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.3.4以降のバージョンが必要

VR Video Playerアセットは、Unityアプリで仮想現実感ビデオ体験をセットアップするのに役立ちます。

セットアッププロセスは非常に簡単です、あなたは15秒ですべてのVRフォーマットのビデオ再生機能を有効にすることができます!

サポートされているVR SDK:
Google Cardboard
Google Daydream
Oculus GearVR
Oculus Rift
HTC Vive

サポートされているプラットフォーム:
Windows
macOS
アンドロイド
iOS(Unity 5.6.2以降で利用可能)

サポートされている動画プレーヤー:
ユニティムービーテクスチャ
Unity Video Player(Unity 5.6.0以降で利用可能)
Android Media Player
 

サポートされるサードパーティプレーヤー:
Easy Movie Texture
AVPro Video
Vive Media Decoder

サポートされているVRビデオフォーマット:
2D / 3D
180 / 180-3D
360 / 360-3D
3D形式にはサイドバイサイドとアップダウンがあります

 

 

f:id:assetsale:20170905013655j:plain

f:id:assetsale:20170905013659j:plain

Low Poly Terrain

エディタ拡張/地形

Jean Simonet

$27.00 => $20.25    25% OFF

 

Unityの地形(Terrain)をファセット、ハードエッジ、ローポリ化にしてくれるエディタです。

 

f:id:assetsale:20170905061802j:plain

使い方は結構簡単。Low Poly TerrainコンポーネントにTerrainをバインドして、メッシュジェネレートを実行するとローポリ化された地形が生成されます。

 

生成された地形オブジェクトを再び編集

ローポリ化したTerrain選択中に、スクリプト内の「Edit」ボタンをクリックすると、Terrainモードに切り替わって、普段通りに地形を編集することが可能になります。

f:id:assetsale:20170905061144p:plain

作業が終わってローポリ化させるときにはTerrain下部にセットされてるLow Poly Helperから「Apply Changes」を実行すると更新してくれるとのこと。

参考:Low Poly Terrain v1.3 Update - YouTube(2:18)

 

 

VRでの使用もいいですし、モバイルへの最適化にも繋がる。

- VRといった高パフォーマンス環境に最適。

 

LODレベルを動的に作成

- ローポリカウントを維持しつつ、LODレベルを動的に作成・管理。

 

Low Poly Terrain v1.3 Update - YouTube(2:18)

 

Low Poly Terrain Asset - YouTube(1:12)

 

Low Poly Terrain Asset - Getting Started - YouTube(4:57)

 

画像8枚  16秒で一周します。

f:id:assetsale:20170905014347g:plain

 
前回セール情報
2016年3月5日のデイリーセールにて登場しました。

 

アセット説明

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です

Unity 5.2.3 以降のバージョンが必要
Low Poly Terrainは、Unityでファセット、ハードエッジ、ローポリの地形を作成できるシンプルに使えるアセットです。

オンラインドキュメンテーション
デモ(WebGL)
スタートガイド(ビデオ)
高度な設定(ビデオ)
オブジェクトジェネレーターの使用(ビデオ)
ワールドマシンの使用(ビデオ)

特長
-----------
- お気に入りの作成/ペイントツールからハイトマップやカラーマップをインポート。
- 完全なソースコードおよびシェーダーコード付属。
- デフォルトの地形システムでは不可能なファセットのスタイルを適切にアーカイブ。
- ローポリカウントを維持しつつ、LODレベルを動的に作成・管理。
- 低CPUおよびGPU使用量、動的バッチングの活用。
- 完全な衝突サポート。
- 地形に木またはその他のオブジェクトをプロシージャルに配置。
- VRといった高パフォーマンス環境に最適。
- PBRまたは旧式/カスタムライティングモデルを使用可能。

 

 

 

f:id:assetsale:20170905020146j:plain

f:id:assetsale:20170905020150j:plain

VR Easy

エディタ拡張/ユーティリティ

AVR Works

$162.00 => $121.50    25% OFF

 

バーチャルリアリティの生産性を高めるワークフローツールセットです。

 

VRコントローラーで物を掴んだり、操作するなど、よく使うウィジェットがまとめられています。

いくつかのウィジェット:オブジェクト/メッシュ素材の交換、ポップアップ情報、トリガー、スイッチ、アニメーション、ビデオ、Vive Controllerでオブジェクトをつかんで移動する。

 

※現在調査中。後に更新します。

VR Easy in 3 Easy Steps - YouTube(0:40)

 

Setup Teleportation with VR Easy V1.1 - YouTube(5:24)

 

Spline Arrow setup in VR Easy 1.2 - YouTube(1:37)

 

VR Easy with HTC Vive - YouTube(1:41)

 

VR Easy Demo with Oculus - YouTube(2:40)

 

画像4枚  8秒で一周します。

f:id:assetsale:20170905021214g:plain

 

 

アセット説明(機械翻訳)

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です

Unity 5.4.1以降のバージョンが必要
VR Easyは、Unity3Dのバーチャルリアリティの生産性とワークフローツールセットであり、アーキテクト、コンテンツ開発者、エンジニアは簡単なドラッグ&ドロップインターフェイス(ウィジェットと同様)を使ってVR体験を迅速かつ自然に構築でき、 Oculus、HTC Vive、Gear VR、Cardboard、Daydreamをサポートしており、ドラッグ・アンド・ドロップ・インターフェースとプログラミング・スキルは必要ありません。

いくつかのウィジェット:オブジェクト/メッシュ素材の交換、ポップアップ情報、トリガー、スイッチ、アニメーション、ビデオ、Vive Controllerでオブジェクトをつかんで移動する。

v1.3の新機能:

- Unity 2017のサポート
- 汎用VRコントローラプレハブ
- フルデイドリームとコントローラの統合
- VRToggle
- ライトマップアクションを切り替える
Unityバージョン5.4.1以上でテスト済み

v1.3の改善点:

- VRElementの状態を切り替える
- 遅れた行動
- VRSimpleFPSLocomotion

Manual: VR Easy v1.3

Video Tutorials

Support

 

 

 

f:id:assetsale:20170905021344j:plain

f:id:assetsale:20170905021339j:plain

Volumetric Ambient Occlusion

シェーダー/フルスクリーン&カメラエフェクト

Project Wilberforce

$27.00 => $20.25    25% OFF

 
VRサポートのアンビエントオクルージョンです。
 
VAO(Volumetric Ambient Occlusion)は、SSAOの一種。

 VAOは、ソフトアンビエントライトシャドーをシミュレートすることによって、視覚品質のレベルを向上させます。局所的な幾何学的な詳細を強調し、近くの遮蔽面(コーナー、亀裂、穴、粗面など)によって影を生成します。結果として生じるシーンは、より深みがあり、より現実的に見える。

 

SSAOとの違いは計算方法とかアルゴリズムになりますが、現在調査中です。

後に記事更新します。

 

画像9枚  18秒で一周します。

f:id:assetsale:20170905022807g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.3.6以降のバージョンが必要

容積アンビエントオクルージョン(VAO)は、Unity 5用のSSAOプラグインです。

無料デモダウンロード。

Single Pass Stereo Rendering(VR)をサポートしました。

VAOは、ソフトアンビエントライトシャドーをシミュレートすることによって、視覚品質のレベルを向上させます。局所的な幾何学的な詳細を強調し、近くの遮蔽面(コーナー、亀裂、穴、粗面など)によって影を生成します。結果として生じるシーンは、より深みがあり、より現実的に見える。

VAOは、市場にある他のSSAO / HBAOソリューションよりも詳細をキャプチャし、より現実的に見えます。 Unityプラットフォームに制限のないアンビエントオクルージョンを開発しようと努力しました。最新のGPUに高度に最適化された新しい最先端のアルゴリズムのおかげで、VAOは高解像度でも優れた性能を実現します。
- すべてのユニティレンダリングパス(フォワード、遅延、レガシー)とアンチエイリアスに対応
- 画面の境界線でうまく機能する
- 輝度感度オプション
- カラーブリードモード
- UnityのPost Processing Stackで動作する
- カメラを動かすときに影の形を保つ
- Unity 5.3、5.4、5.5、5.6、および2017と互換性があります。
- シングルパスステレオレンダリングを含むVRとの互換性
- Linux / Mac / Windowsで動作する
- プラグインはモバイル端末でテストされていません。

VAOは、与えられた点の周囲の閉塞ジオメトリのボリュームからオクルージョンを計算するSSAOの変種であり、非常に現実的で、レイトレーシングされた解に近くなります(ジオメトリの複雑さはパフォーマンスに影響しません)。オクルージョンにはアーティファクトがなく、ダイナミックシーンに適した効果を出すようにカメラを動かすと、オクルージョンシャドウの形状は変化しません。

適応型サンプリングとダウンサンプリングされたプリパス最適化(最近我々の論文に掲載された)は、オクルージョンがほとんどまたはまったくない領域での処理時間を無駄にしません。

私たちは内部と外部の両方のシーンで同じように動作するアルゴリズムを微調整していますので、多くの種類のプロジェクトでこの効果を楽しむことができます。

オクルージョンシャドウには、希望の雰囲気に合わせるために色合いを与えたり、色の出血機能を使用して、さらに信じられない結果をもたらすことができます。

VAOは、多目的かつ容易に制御可能な機能を使用して明るい領域からオクルージョンを除去するオプションを提供します。

現在、VRデバイス(SPSRを含む)の最適化も実装されています。顧客の新しい経験を新しいレベルにまで引き上げることができます。

我々は開発にも顧客サービスにも非常に配慮しています。私たちは常にあなたのニーズに耳を傾け、お客様の要望の結果として多くの機能が追加されました。

アンビエントオクルージョンを使用してシーンを強化し、あなたの考えを知っていれば、あなたのフィードバックは大歓迎です!

ディスカッションのためにフォーラムスレッドにアクセスしてください。

ご質問や追加サポートが必要な場合は、メールアドレスにご連絡いただくか、ユーザーマニュアルを参照してください。

他のプロジェクトをチェックしてください。
私たちは、スクリーンショットに使用される以下のシーンの作者に感謝します:
Eternal Temple by Mana Station
Alchemist's House Interior by Evgenia
Viking Village by Unity Technologies
Modular City Alley Pack by Finward Studios

 
 
 

f:id:assetsale:20170905022933j:plain

f:id:assetsale:20170905022928j:plain

[Butterfly World] ArchViz Interior Vol.01

3D モデル/建物

Butterfly World

$48.59 => $36.44    25% OFF

 

VRといえば、建物内部の3Dモデル!遊んだりくつろげるインテリア素材です。

 

高層マンションをイメージしたような、窓から見える綺麗な景色。

家具や小道具類もしっかりしている、現代的なリビングです。

 

麻雀卓付き!

f:id:assetsale:20170905064732j:plain

麻雀が含まれているのはこのアセットくらいしか見かけない。

牌のテクスチャがあるかどうかは不明ですが、そのまま遊べる素材ならかなりお得ですね。

 

[Butterfly World] ArchViz Interior Vol.01 - Unity5 - YouTube(4:04)

 

画像10枚  20秒で一周します。

f:id:assetsale:20170905030125g:plain

 

 アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.4.0以降のバージョンが必要

このアセットは、ユニティアセットストアのための最初のパッケージです。我々はそれを更新し続け、今後さらに多くのアセットをアップロードします。

すべてのスクリーンショットとビデオは、リアルタイムシーンから記録されます。

特徴:
- 焼きGI(GI設定を含む)、美しさと現実の照明効果。
- 60以上のLowpoly 3Dモデル。 それらのほとんどはHD PBRテクスチャを使用します。
- シネマ効果セットアップ(Unity SSR、ブルーム、トーンマッピングカラーグレーディング、TAA)。
- VR Ready(Oculus、Vive)(HTC VIVEのVR-Readyシーンを含む)。
- フルレディPCデモ


 Our Twitter

 

 

 

f:id:assetsale:20170905030451j:plain

f:id:assetsale:20170905030459j:plain

スクリプト/ビデオ
$81.00 => $60.75    25% OFF

 

Unityで、高速低負荷なコーデック「Hap / Hap Qを再生するためのスクリプトです。

4Kや8Kの60FPS動画を再生し、一度に複数再生する事ができます。

 

Hapコーデックとは?

動画の圧縮率を下げて、CPUにかかる負荷を下げることで高速に再生します。

デメリットはファイルサイズが大きくなること。

こちらのサイト様が参考になります。

 

アルファチャンネル付きの「Hap Alpha / Hap Q Alpha」もサポート。ゲーム画面と組み合わせてエフェクトに活用したり、動画+動画で演出の違うムービーを表示するなど用途は様々。 

シークバーでムービーを自在にコントロール可能。

 

VR動作確認済み

VRで高解像度動画の再生させる

 - (新)VRで働くことを確認:Oculus Riftで360°4k @ 90 + FPSの動画を再生する

 

このアセットは、WindowsとMacの両方含んだお得パッケージで、どちらか片方で良い場合はもっと安く購入することができます。

  (Windows / Mac 単体販売 $48.60 ※割引無し)

アップグレードにも対応。

 

Demolition Media Hap for Unity teaser and introduction (8k 60fps video playback) - YouTube(4:40)

 

Energy of Bucharest - Interactive Video Mapping on Vimeo(2:06)

 

画像7枚  14秒で一周します。

f:id:assetsale:20170905031531g:plain

鳥の羽ばたきなど、アルファチャンネル付きの動画をゲーム中の演出に活用したり。

ゲームのフレームレートを落とすこと無く活用できる。

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.4.1以降のバージョンが必要
業界で実績のあるGPUにより、Unity用のHapビデオコーデック再生ソリューションが加速されました。

ドキュメンテーション、デモバージョン、問題追跡ツール

フォーラムのスレッド

特徴:
- (新)VRで働くことを確認:Oculus Riftで360°4k @ 90 + FPSの動画を再生する
- (新)再生速度制御
- ハードウェアは、外部コーデックのインストールを必要とせずにビデオ再生を加速しました。 HapとHap Qの両方がサポートされています。
- CPU /メモリの使用量が少ない。フレームはGPUで解凍されます。
- 4k @ 120fpsまたは8k @ 60fpsの動画を再生し、一度に複数の動画を再生します。非常に高速なフレーム精度のシーク。
- Hap AlphaとHap Q Alphaコーデックの透明なビデオ。 UnityでHap Q Alphaをサポートするための最初のプラグイン。
- より高速なマルチスレッドデコードのためのChunked Hapサポート。
- 大部分のグラフィックスインターフェイス(DX9、DX11、OpenGL、デスクトッププラットフォーム上の金属)で動作します。途中でDX12!
- 32ビットと64ビットの両方のビルドがサポートされています! OS Xでも!
- Unity Native AudioプラグインとAudioSourceによるオーディオ出力。
- あなたのSSDが十分に速くない場合、ビデオをメモリにプリロードできます
- プログラマーとアーティストの両方のためのスーツ:C#APIとIMGUI / uGUIラッパーが用意されています。
- 典型的な使用シナリオのシーン例
- 無料のデモ版が利用可能(上のリンク)

このアセットバージョンの要件:
- Unity 5.x
- Windows 7/8/10
- OS X 10.9以降
- リクエストに応じてLinuxプラグイン

その他のバージョン:
All in one
Windows
OS X

このソフトウェアは、LGPLv2.1でライセンスされたFFmpegのコードを使用し、そのソースはここからダウンロードできます