Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Mayan Temple マヤ遺跡を舞台にした回廊や大部屋、階段やギミックパーツのあるダンジョン3Dモデル素材集

f:id:assetsale:20170628232431j:plain

f:id:assetsale:20170628014819j:plain

今日のアセット

Mayan Temple

$54.00 => $37.80    30%OFF

 

マヤ文明の遺跡内部をダンジョン化!考古学な雰囲気のある3Dモデル素材集です。

 

※ローポリでモバイルフレンドリー

 

壁に設置された松明の灯り、古く崩れ去った天井の隙間から、眩しいくらい太陽の光が差し込む。歴史を感じさせる廃墟になったマヤ神殿。

マヤ遺跡にありそうなデザインをした壁の絵柄や、独特な造形物が面白い。

f:id:assetsale:20170628015532g:plain

クラシカルな雰囲気もある。ダンジョンとして使うもいいし、背景素材としても使えそう

 

立体的なダンジョンが作れる

パッケージマニュアルによると、素材の最小スケールは4m。

グリッド操作で組み立てる事ができるように作られています。(高さは常に4m)

f:id:assetsale:20170629003353j:plain

組み立てには、Unityのショートカット『Ctrl( Command )』を押しながらオブジェクトをスライドすると、1m単位のグリッドで移動することができます。

 

参考:テラシュールブログさんのTipsがGIFアニメ付きの解説がとてもわかりやすい。

Unity初心者が知っておくと少しだけ幸せになれる、シーンにオブジェクトを配置する時に使える18のTips - テラシュールブログ

 

最小単位が4mですので、

Edit -> Snap Settingsからスナップの単位を4に指定すればサクサク作れるかもしれません。

 

ギミック素材

- スペシャルアセット: フロアボタン、シークレットコンパートメント、レバー、フロアトラップなど、でゲームプレイを作成

スイッチを押すと石で作られた分厚いドアが自動的に開く仕掛けにしたり、侵入するプレイヤーを懲らしめるトラップを仕掛けてパズル的なダンジョンに仕立てよう。

 

Unity - Mayan Temple Dungeon Tutorial - YouTube(4:01)

 

マヤ文明とは

マヤ文明(マヤぶんめい)とは、メキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズなどいわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明である。メソアメリカ文明に数えられる。

マヤ文明 - Wikipedia

6世紀~14世紀頃のアメリカの文明

 

「Mayan Temple」で画像検索をかけてみた

テレビや教科書で見た事のある、ピラミッドのような形をした遺跡が多数ヒットしました。

遺跡内部のダンジョンぽい写真は記録されていないか、もしくは撮影許可がおりないか不明ですが、見つからなかった。

マヤ文明における遺跡は4400箇所もあり、現在でも未発見の遺跡はあるとのこと。

マヤ遺跡一覧 - Wikipedia

 

特長:
-モジュラーレベルクリエイション:数分で異なる高さや異なる回廊/部屋の構成の複雑なレベルを作成できます。
-PBRマテリアル:高品質のソーススカイボックスを用いた真のアルベド/AO作成。
-スタンダードスペキュラー/グロスマテリアル: モバイルプロダクションに適しています。
- スペシャルアセット: フロアボタン、シークレットコンパートメント、レバー、フロアトラップなど、でゲームプレイを作成
- ローポリアセット&ドローコールフレンドリー: ロースペックのPCで、完全なディファードレンダリングおよびPBRでテストされています。(Macbook Pro 2010 nvidia 320M)
-2k高品質テクスチャーマップ。
-エフェクト付属。

より詳しくはパッケージマニュアルをご覧ください!

 

前回セール情報

2015年9月30日のデイリーセールで登場しました。約1年9ヶ月ぶり。懐かしい!

 

ダンジョン組み立てアセット

Unityアワード2016優勝アセット「Dungeon Architect」を使えば、

面倒なダンジョンのレベルデザインが時短できます。この手の素材にオススメです。

Mayan Templeの価格

37.80ドルの計算結果 (1ドル 112.1710 円)
37.80ドル は、4,240円

定価37.80ドルなら、4,240円