読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Landscaper Terrainや他の表面に、木や草などのPrefabを自然な森になるように自動配置してくれるエディタ

f:id:assetsale:20170101234513j:plain

f:id:assetsale:20170101234515j:plain

今日のアセット

Landscaper

$21.60 => $16.20    25%OFF

 

Terrainに木を自動的に配置してくれるエディタです。

 

とても広大な土地に、木を一本一本配置していくのは想像するだけでも地獄のような作業だと思います。

そんな面倒な作業を、手っ取り早く自動的に配置してくれるのがLandscaperです。

 

何も無い土地に、生成されるエリアと斜面のルールを決めてジェネレート!

あっという間に完成します♪

f:id:assetsale:20170102000416j:plain

 

作り方は簡単!

 

1. まず、適当なTerrainと、配置したい木のPrefabを用意しておきます。

2. タネの量を設定。Prefabや木の生えるパターンを決める。(ファイル毎で管理)

3. エディタ画面にて、Terrainに生成するための範囲をセットし、2のファイルを設定後、Simulateを実行すると木が自動的に生成されます。

 

↓は2と3を行っているところです。

f:id:assetsale:20170102015112g:plain

斜面に生える木は、その角度に合わせて木が生成される。

f:id:assetsale:20170102015318g:plain

タネが飛び散って植物が生えるように、ある程度近場のポイントから徐々に増えていく。

f:id:assetsale:20170102015416g:plain

急な斜面には生えない角度制限や、衝突・シェード範囲設定、指定されたテクスチャーの上でのみ生えさせるマスクの設定などを組み合わせて自動生成!

 

Prefabであれば何でも配置してくれるので、適当なオブジェクトで色々と試して遊んでみるのも面白そうですね!そこからゲームのアイデアが閃くかも?

 

Landscaperは、まず葉のインスタンスの最初のセットを植え、これらの子を生成し、葉の成長をシミュレートすることで、より自然なに森のエリアを作成することができます。

それぞれの葉の種は、シミュレーション時に様々な変化が加えられるよう設計されており、自然な葉の景色が広がります。種別の設定:

- 初期の種まき密度
- 種の最大移動距離
- 子の最小/最大数
- 衝突・シェード範囲
- 他種の葉のシェード範囲で成長可能な種族の設定
- ランダムなスケール変化
- 最小/最大スロープ角度
- 最小/最大高度
- 地形テクスチャーマスク
- スケール・プレハブの作成別のオーバーライド設定
 

Landscaper - A foliage placement tool for Unity - YouTube(1:43)

 

Landscaper - Quick Start Guide - YouTube(2:02)

 

f:id:assetsale:20170102000411j:plain

 

f:id:assetsale:20170102000419j:plain

16.20ドルの計算結果 (1ドル 116.9500 円)
16.20ドル は、 1,895円

定価21.60ドルなら、2,526円