読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Google Sheets For Unity Googleスプレッドシートのデータを作業中、ゲーム実行中に受信&保存するスクリプト

50% スクリプト 機能統合

f:id:assetsale:20161028225215j:plain f:id:assetsale:20161023011537j:plain

今日のアセット

Google Sheets For Unity

$20 => $10    50%OFF

 

Googleスプレッドシートのデータを直接Unityにインポートしたり、実行中のゲームでもWWW通信によりパラメータの変更が行えるエディタです。

 

ゲームのパラメータ管理をスプレッドシートで作った際に、

csvに変換してダウンロードしてから、Unityに持って行くのは面倒ですよね。

そんな無駄な時間を省いてくれるのがGoogle Sheets For Unityです。

 

また、Unity WWWにより、ゲーム実行中にアクセスしてデータを受信してくれるから、バランス調整的なデータの更新や、ユーザーのセーブデータの保存先などに活用できるみたいですね。

 

【重要】

Unityデフォルトの安全対策として、WebPlayerでの展開では動作しません。

あと、ガシガシデータを受信するようなネットゲーム用のサーバーとして使うのにはちょっと重たいかもしれません。

f:id:assetsale:20161023011806j:plain

f:id:assetsale:20161023011807j:plain

 

Unity 5.4.2 以降のバージョンが必要
Google Sheets For Unity(GSFU)は、開発者にGoogle Driveスプレッドシートからのゲームデータの処理を可能にします。これは共同開発の可能性を開き、複雑なデータをローカライズあるいは分散されたチーム間で処理、分配、調整およびインポートするプロセスを簡略化します。

GSFUは、ランタイムまたはデザインタイムでのGoogle Sheetsとの値の保存ややり取りを可能にします。これはゲームのバランシング、微調整やローカライズといった重量級タスクを、手軽で簡単な手続きへと変えてしまいます。

概要:
•ランタイムやデザインタイムでGoogle Spreadsheetsとデータの保存や受け取りを行う。
•ワークフローを柔軟かつ堅実な分配作業用のGoogleソリューションでカスタマイズ。
•Unity側にGoogleアカウントの資格情報不要。
•ソースコードが付属しています。
•Google API依存性無し、標準Unity WWWコール。
•プライベート共有されたGoogle spreadsheetsで動作。
•ランタイム・デザインタイムでの使用の単純なサンプル付属。
•シンプルな展開と使用。
•正確で短いマニュアル、聖書を読むように、身構える必要はありません。


重要:Unityデフォルトの安全対策として、WebPlayerでの展開では動作しません。

 フォーラムスレッド

 
10ドルの計算結果 (1ドル 105.2090 円)
10ドル は、 1,052円
定価20ドルなら、2,104円