Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Fog Volume 3 厚みのある積雲、積乱雲の生成と大地に光が差すエンジェルラダーなど多機能Fogスクリプト。VRのサンプルシーン「ガラス箱」のアイデアが面白い

f:id:assetsale:20170626220848j:plain

f:id:assetsale:20170626144152j:plain

今日のアセット

Fog Volume 3

$59.40 => $41.58    30%OFF

 

厚みのある雲、積雲、積乱雲、

雲の隙間から差し込む光「薄明光線(エンジェルラダー)」など機能豊富なFogエフェクトです。

 

雲の中に入ったら先が見えなくなるほどの極太な雲。

まるで天空の城へ目指しているような迫力のあるカットが作れます。

動画元:Fog Volume 3: Introduction teaser - YouTube(1:15)

 

サンプルシーン「MOCKUP」

ガラス箱の小さな世界。この世界観いいなぁ〜

光の差し込み(エンジェルラダー)で地面が照らされる景色が綺麗。

神秘的だから、空から神のお告げをするシミュレーションゲームがちょっと浮かんだ。

動画元:Fog Volume 3: Cubed Cloudscape demo - YouTube(0:40)

 

ちなみにこのサンプルシーンは、VR(VIVE、oculus)で体験できるようになっています。

その動画がこちら↓

Fog Volume 3.1: VR Showroom - YouTube(4:12)

操作可能なパネルで、「雲」や「ガラス」の状態をコントロールして、

画面右手にあるシャボン玉から、

ガラス箱の世界に入るポータルシステム。これが結構面白い!

f:id:assetsale:20170626214955j:plain

 

対応プラットフォーム

ドキュメント(31ページ付近)によると下記プラットフォームで動作テストが行われています。

Windows、Mac、Android、VIVE、oculus

それぞれ使用したグラフィックカード、または本体の型番が表記されてますので、参考としてチェックしておこう。

 

モバイルで使える?

ドキュメントには、Androidの「Sumsung S5」(2014年夏モデル?)での検証結果。

iOSはフォーラムのスレッドで検索かけたらiPhone5、iPadでパブリッシャーさんがテストしてました。動作するとのこと

 

f:id:assetsale:20170626150148g:plain

 

イントロダクション

Fog Volume 3: Introduction teaser - YouTube(1:15)

Fog Volume 3やばい!凄すぎるよ〜。雲系のアセットで言えばこれが一番良作かも

 

MOONLIGHT

Fog Volume 3: Moonlight demo - YouTube(0:32)

空を見上げると雲の隙間から見える月と光。

雲が月の光を吸収するから深ければ周囲が暗くなる。曇りの時の夜景がリアルになる!

光源のハローと光の吸収を特徴とする夜景。
このデモでは、クラウドアニメーションが特に興味深いです。

 

 

最適化

Fog Volume 3 feature preview: Optimization slider - YouTube(1:34)

多数のスライダーを使って、環境に合わせたパフォーマンスに調整できるとのこと。

モバイルプラットフォームでも使えるレベルに微調整できますね。

 

Volume shadows

Fog Volume 3 feature preview: Volume shadows - YouTube(1:22)

雲の厚みが太ければ完全な灰色で光を通さない。

大地にも「濃い霧」がかかっていて、光を通してない部分は真っ暗で視界が悪そうだ。

エンジェルラダーの美しさがよくわかる動画です。

 


Light Halo

Fog Volume 3 feature preview: Incident light Halo - YouTube(0:25)

太陽光の周りに虹が出来るハロー現象を再現します。

ハロー現象は中々見かけないレアな現象で、薄い雲と太陽が重なると希に見かける光の輪

これは通常見かけないから、頻繁に出さないようにして、レアな現象として出すといいエフェクトでしょう。

 

Opacity soft shadows

Fog Volume 3 feature preview : Opacity soft shadows - YouTube(0:27)

大地に雲の影をソフトタッチに写し出すエフェクトです。

ドキュメントの50ページによると、最初はライトシャフトに使用され、もう1つはシーンをシェードするために使用されます。

影の色は雲と同じ色になってますが別のカラーリングにカスタマイズ可能。

 

Self Shadows

Fog Volume 3 feature preview: Self Shadows - YouTube(1:33)

上下がわからなくなるほどクルクル回るカメラ。大地も見えない雲だけのシーンだけど、

雲の影や光の当たり具合に注目すれば、上下がどちらか判別ができるのが特徴。

夕焼けの雲空が美しい・・・。

 

その他の動画

Fog Volume 3: Cubed Cloudscape demo - YouTube(0:40)

Fog Volume 3 feature preview: Point Lights - YouTube(1:22)

Fog Volume 3 feature preview: Distance Fields - YouTube(1:07)

スクリプトの項目が動画でまとめられてました↓

Fog Volume 3 feature preview: Inspector - YouTube(1:20)

 

Unity 5.5.0 以降のバージョンが必要
Fog Volume 3は、幅広い霧の状況をモデル化するために設計されたボリュームフォグレンダラです。 芸術的な表現や現実的な表現のためにいくつかのライトに対応しています。 この新しいバージョンでは、視覚的外観と柔軟性が大幅に向上しました。
詳細な情報については、ドキュメントを確認してください。
ドキュメント | フォーラムのスレッド

 

Fog Volume 3はブログ初登場です。

バージョン「3.1.9」2017年3月にメジャーアップデートが行われたみたいですね。

 

41.58ドルの計算結果 (1ドル 111.4470 円)
41.58ドル は、 4,634円

定価59.40ドルなら、6,620円