読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Fluidity Unityで本格的な3D流体シミュレーション!火炎系の武器やエフェクト作りのスクリプト

f:id:assetsale:20161118231945j:plain f:id:assetsale:20161113014307j:plain

今日のアセット

Fluidity

$95 => $47.50    50%OFF

 

Fluidityを使えば、高速な推進力を発揮するジェットエンジンの燃焼エフェクトや、エイリアンを焼き尽くすクレイジーな武器「火炎放射」のエフェクトに使えるリアルでパワフルな流体シミュレーションです!

 

流体にはコリジョンが付いているから、窮屈な室内でも壁や床を貫通することなく放出することができるぞ。

f:id:assetsale:20161113021431g:plain

 

サンプルデモ

WebPlayerデモ(PCの環境によっては正常に表示されない場合があります)

f:id:assetsale:20161113021836g:plain

コロシアムにありそうな火のオブジェ。

開始のゴングが鳴るタイミングで、勢いよく炎がボワッ!と燃えたら盛り上がりそうだ!

 

継続的だったり、単発で飛ばすことも自在に操れます。

ドラゴンが炎を吐くブレスエフェクトに使ってみるのも面白そうだ。

RPG Character Pack #1    $99

 

f:id:assetsale:20161113014832g:plain

 

Fluidity - A DirectX 11 Fluid Simulation - YouTube(2:19)

 

Fluidity - Flaming Bots Tutorial - YouTube(5:09)

 

Unity 4.3.4 以降のバージョンが必要
*DX11およびPro版が必要*
Unity 5.xで動作

フォーラムスレッド

ゲームに3Dボリューメトリック流体シミュレーションが欲しかったことはありませんか?

Unity用のリアルタイムの流体ソリューション、Fluidityのおかげでそれが可能になりました。

こちらのwebplayerを見てご自分で確認してください:
廃墟デモ

たくさんのカスタマイズオプションが一つの簡単に使用できるパッケージに入ったリアルタイムの動的流体システムは、あなたのシーンの他の部分とシームレスな統合を行い、すぐにでもリアルな外観の流体の作成を可能にします。

以下はFluidityで行うことができる例のほんの一部です:
- 物理特性と外観に対する完全なオーサリングコントロール。
- 一定範囲のクオリティモード。
- ディテールシステムの動的レベル。
- 流体システムのオートマチックバッチング。
- 流体システムの可視性カリング。
- 流体コリジョン。
- オプションの散布図ベースの陽炎。
- カスタムのアルファブレンドサポート。
- 端に近づくに連れ流体をフェードオフする能力。
- テクスチャーを使って流体レンダリングをマスク。
- 球体や、2Dテクスチャーから流体を放出。
- 無限流体(自体のボリュームと衝突しない)。
- 局地的な強風部を追加する為の乱流部。
- 複数カメラのサポート。
- Oculus Rift対応!
- CPU温度イベント。
- ノイズ摂動。
- セルフシャドウ。

*DX11およびPro版が必要。

 

前回セール情報

2016年4月8日のデイリーセールで登場しました。

 

47.50ドルの計算結果 (1ドル 110.1720 円)
47.50ドル は、 5,233円

定価95ドルなら、10,466円