Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Filmic Tonemapping DELUXE 色に深みを与える効果、光と闇の目の順応性などトーンマッピングのイメージエフェクト

f:id:assetsale:20170409120824j:plain

f:id:assetsale:20170408140621j:plain

今日のアセット

Filmic Tonemapping DELUXE

$29.16 => $20.52    30%OFF

 

Filmic Tonemapping DELUXEは「トーンマッピング」専門の、最新ゲームや映画で使われる技術をベースに開発されたイメージエフェクトです。

 

色に深みを与えることでご自身のゲームおよびシーンをより優れたものにします。

 

 バージョン1.2より、高品質ヒストグラムベースの目の順応性効果が追加されました。この効果は人の目が光に順応する仕組みをシミュレーションすることができ、最適なコントラストと白色点を保ちます。

 

一般的なトーンマッピングとFilmic Tonemapping DELUXEの切り替え

f:id:assetsale:20170408143419g:plain

 

暗い色(つま先)と明るい色(肩)を簡単にカスタマイズ

オリジナルシーンは真っ暗だけど、Filmic Tonemapping DELUXEなら暗い部分はそのままで明るい部分をハッキリとさせる

f:id:assetsale:20170408143421g:plain

Filmic Tonemapping DELUXEがあるほうが、色に深みが増している

f:id:assetsale:20170408143423g:plain

FTD - Eye adaptation feature for Unity - YouTube(1:01)

 

トーンマッピングとは

f:id:assetsale:20170408171930g:plain

UnityのStandard Assetsに含まれるトーンマッピング(イメージエフェクト)を参考。

Unity - マニュアル: トーンマッピング

要約すると

HDR(ハイダイナミックレンジ)から LDR (ローダイナミックレンジ)へのカラー値のマッピングとして一般的に理解されています。

カメラのHDRが有効になっており、Bloom(発光)と合わせて使う必要がある。

エフェクトにはいくつかのテクニックがあり、その内の2つはadaptiveでカラーの変化を遅延させて、暗いトンネルを抜けて明るい日差しに入るときの自然な目の慣れを表現するようなこと。

 

バージョン1.2より、高品質ヒストグラムベースの目の順応性効果が追加

とのことで、

サンプル動画(GIFアニメの部分)では、

太陽光(Bloom)で明るい外から、暗い室内を見ると真っ暗だけど、暗い室内に入るとゆっくり目が慣れていく。

暗い室内から明るい外を見れば目が明るい方に慣れて室内の壁が暗く感じます。

 

Unity 5.0.2 以降のバージョンが必要
Filmic Tonemapping DELUXEはパワフル簡単にカスタマイズできるUnityのトーンマッパーです。最新のAAAビデオゲームのグラフィックエンジンと映画業界のコアに使用されたS形曲線をベースに開発されています。

色に深みを与えることでご自身のゲームおよびシーンをより優れたものにします。

バージョン1.2より、高品質ヒストグラムベースの目の順応性効果が追加されました。この効果は人の目が光に順応する仕組みをシミュレーションすることができ、最適なコントラストと白色点を保ちます。

詳細情報: フォーラム

Unity 4.6以上およびUnity 5とコンパチブル

トーンマッピング機能
*暗い色(つま先)と明るい色(肩)を簡単にカスタマイズ
*色の範囲をカスタマイズ可能
*HDR値を可視化可能な範囲(LDR)にマップ
*暗い色の彩度を下げません。
*マップカラー化および/または発光化できます
*HDRの有無に関わらず動作します。
*GPUコードが最適化されています

目の順応性機能
*自然光への順応
*色間でのコントラスト最適化を保持
*露出による不安定なちらつきを起こしません
*最適化されたGPUコードと2つのパフォーマンスプロフィール
*ヒストグラムをリアルタイムで可視化

 

トンネルに入った瞬間は真っ暗だけど徐々に目が慣れていくような感覚・・・レースゲームのことか。

 

20.52ドルの計算結果 (1ドル 111.1400 円)
20.52ドル は、 2,281円

定価29.16ドルなら、3,241円