Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Export2Maya UnityのシーンまるごとエクスポートしてMayaで作業!「ライト」&「ライトマップ」もサポート

f:id:assetsale:20160727222134j:plain f:id:assetsale:20160726193504j:plain

今日のアセット

Export2Maya

$60 => $35    42%OFF

 

 

Unityで配置されたオブジェクトやライティングを、Maya Asciiファイルフォーマットでエクスポートするエディタです。

 

単純にobjとして取り出す無料のアセットはいくつかありますが、Export2Mayaは完全なMayaフォーマットでエクスポートできる事と、ライトとライトマップもサポートしているので無料では出来ない作業が実現可能になります。

 

スキンメッシュをエクスポート!これでキャラの表情を調整できますね。

f:id:assetsale:20160727004809j:plain

注意 - 標準のメッシュのみが現在サポートされており、スキン変更可能なメッシュおよび地形は次のバージョンでサポートされる予定です。

↑Unity内の注意書きには「次のバージョン」とありますが、

現バージョン: 2.2.1 (May 24, 2016) では、既に対応してるような気もします。

 

Terrainをエクスポート!

f:id:assetsale:20160727004812j:plain

こちらも先ほどの注意書きと同じく、未対応である可能性がありますが既に対応してると思います。

注意 - 標準のメッシュのみが現在サポートされており、スキン変更可能なメッシュおよび地形は次のバージョンでサポートされる予定です。

 

Angry BotsのシーンとライトマップをMayaにインポート!これがMayaの画面かどうかわかりませんが(オーディオのアイコンが見えますし)、凄く綺麗に取り込みできてますね。

f:id:assetsale:20160727004807j:plain

プレイヤーキャラも完璧!光線も!?

f:id:assetsale:20160727004815j:plain

 

無料でエクスポートする方法

 

Export2Mayaのような高機能は見当たりませんでしたが、単純にobjとして取り出すだけなら無料でいくつか見つかりました。

 

Scene OBJ Exporter

f:id:assetsale:20160727010256j:plain

シーンまるごと全部「obj」形式でエクスポートしてくれる無料のアセットです。

f:id:assetsale:20160727010516j:plain

※こちらの画像はScene OBJ Exporterです。

 

ライトやライトマップはエクスポートされないみたいですけど、一括で全て取り出せるのは便利ですね。

 

 

 

ObjExporter(無料)

ObjExporter - Unify Community Wiki

obj形式でエクスポートするエディタのソースコードが無料で配布されています。

 

 

 

Terrainをエクスポート

Karasuのアプリ奮闘記さんの記事が参考になります。

記事内では、TerrainObjExporter(無料)を使ってエクスポートに成功!

これは結構良いかも!

TerrainObjExporter - Unify Community Wiki

 

35ドルの計算結果 (1ドル 105.5720 円)
35ドル は、 3,695円

定価60ドルなら、6,335円