Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【アドカレ】Dungeon Architect 応用編 〜 作ったマップを自分好みに修正 〜

 作ったマップを自分好みに修正【応用編】

 

応用編はただいま準備中です。

 

少しでも情報が欲しい方のために、

応用編で使う予定の「動画」と「概要」を掲載しておきます。

 

この記事は、アドベントカレンダー2017年8月1日のサブ記事です。

(検索エンジンから辿り付いた方、表紙はコチラです)

 

 

この記事は公式サイトの内容から作成されております。

 

 

Marker Emitters

 

03 - Marker Emitters: Dungeon Architect Tutorial (Unity) - YouTube(3:08)

基礎編の最後に少しだけ解説したマーカーエミッターの扱い方について

デコレーションが捗る重要な機能です。

 

Selection Rule

04 Selection Rule: Dungeon Architect Tutorial (Unity) - YouTube(2:33)

デコレーションパターンの配置条件を簡単なスクリプトを使って制御する方法の1つ。

 

 

Paint Mode

06 - Paint Mode: Dungeon Architect Tutorial (Unity) - YouTube(2:31)

ダンジョンをペイント感覚で自由に伸ばしたり消したりするモード。

 

 

Volumes

07 - Volumes: Dungeon Architect Tutorial (Unity) - YouTube(5:10)

通路やフロアを増設したい時に、Volumesで一発追加。

f:id:assetsale:20170730030553j:plain

 

Dungeon Architect: Marker Replacement Volumes - YouTube(1:15)

壁の一部をドアに置き換えるなど、指定したエリアに対してAをBに置き換えるReplacement機能。

 

「Marker Replacement」の使い方(仮)

ドア複数対策は別の方法があると思いますが、例えばこんな時4つもいらないので

f:id:assetsale:20170731024128j:plain

「Marker Replacement」PrefabをHierarchyにドロップします。

f:id:assetsale:20170731024007j:plain

座標とサイズをドアのピボット(地面あたり)を囲うようにする。

f:id:assetsale:20170731024354j:plain

Inspectorを設定します。

 

Dungeon:DungeonGridなど、対象のオブジェクトを生成してるDungeonオブジェクトをバインドする。

Size:0から1に変更します。

From Marker:Door(マーカー名を直接入力)

To Marker:Wall(マーカー名を直接入力)

f:id:assetsale:20170731024434p:plain

「Rebuild Dungeon」を実行します。

f:id:assetsale:20170731034517j:plain

完成!

f:id:assetsale:20170731034610j:plain

 

・「Rebuild Dungeon」を実行すると警告が発生する場合

 Item Parentにstaticのチェックが無いのでチェックを付ける。

f:id:assetsale:20170731025112j:plain

「Rebuild Dungeon」を実行しても変化しない場合

 1.Prefabで囲った範囲を「地面が埋まる程度」まで下げてください。

 2.ビルダー、マーカー名は正しいかチェックしてください。

 

 

Terrain Modifier

08 Landscape Modifier - Dungeon Architect Tutorial (Unity) - YouTube(9:43)

地面にTerrainを配置してダンジョンと引っ付ける機能。

さらに浮いた木などTerrainの高さに合わせて位置合わせするスクリプト付き。


 

目次へ戻る