読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Camera Path Animator - Animate Cutscenes with Splines パスラインのカメラアニメーションをプレビュー見ながら楽に編集できる定番エディタ

f:id:assetsale:20170503121608j:plain

f:id:assetsale:20170502194008j:plain

今日のアセット

Camera Path Animator - Animate Cutscenes with Splines

$32.40 => 22.68    30%OFF

 

滑らかなカメラパスの曲線をシーンビューに引いてカメラアニメーションさせるエディタです。

 

ゲームのカットイン、キャラを追いかけるカメラ、アニメーション付きVRカメラなど、基本的にカメラのアニメーションがメインのアセットですが、

カメラ以外でもオブジェクトなら同じようにパスラインでアニメーションさせる事ができます。

※モバイル、2Dゲームでも快適に動きます。

 

サンプルデモ

自動的にアニメーションするカメラ。プレイヤーは的をクリックしてパネルを倒していく射撃ゲームです。

PSVRのホラーゲー「Until Dawn: Rush of Blood」みたいなデモです。

f:id:assetsale:20170503090317g:plain

 

ベーシックデモ

真っ白な空間をパスラインアニメするカメラのデモ。

ランタイム中の操作で、アニメーションの再生方向を変えたり、スライダーを動かしてSeekすれば途中からアニメをすっ飛ばすこともできる。

f:id:assetsale:20170503093841g:plain

「Mouselook」をONにすれば、カメラはマウスのある方向を向きます。

疑似VRのような動きみたい。
 

 

キャラを追いかけるカメラ

こちらはトップダウンカメラで、キャラクターが移動すると予め引いておいたレールのカメラが距離を見て自動的についてくるものです。

f:id:assetsale:20170503090824g:plain

サンプルゲーム

WebGLとWebPlayer、2Dゲームのサンプルです。

Camera Path Animator - Demos

 

パスラインを作る為のツールボタン

公式チュートリアルサイト:Camera Path Animator - Camera Path GUI

f:id:assetsale:20170503101029j:plain

Camera Path Animatorの良い所は、Previewを見ながらパスラインを編集できることです。わざわざ実行して確認する手間が省けてとっても便利♪

 

アイコンの説明

「PATH POINTS」「CONTROL POINTS」を編集している所↓

f:id:assetsale:20170503104236g:plain

PATH POINTS:  パスポイントの位置を移動するためのモード。

 

CONTROL POINTS:  ベジェ曲線のハンドル操作を行う

※ハンドル操作を行うには、Interpolation AlgorithmをBezierに設定する事。

これ以外だと、PATH POINTSと同じ動きになるみたい。

f:id:assetsale:20170503104509p:plain

曲線のアルゴリズムをベジェ以外にすれば緩やかな曲線に自動的に指定してくれますが、室内で狭い通路を曲がるカメラを付ける時には壁を突き抜けてしまう場合があるから、Bezierを選択して正確なパスを作ります。

 

FOV: ズームとか視野の調整。使用時にはEnabledにチェックを付けること。

f:id:assetsale:20170503105003p:plain

パスポイントのリストが現れて、それぞれのFOV値が指定できます。

(文字の読みづらさは慣れ?)

f:id:assetsale:20170503105623p:plain

 

SPEED: アニメーションスピードの変更

パスポイント単位での指定ではなく、新たにポイントを作ってスピード値を設定。

スライダーでスタートからゴールまで、どこに付けるかを指定してAddし、速度を設定するだけです。

f:id:assetsale:20170503105925p:plain

 

DELAY:   指定した時間分、一時停止を行います。

こちらもSPEEDと同じく、新たにポイントを追加するタイプです。

 

EASE CURVES:  DELAYのスタート、エンドの入り方をカーブで指定(違ってるかも)

DELAYで指定したポイントに矢印が表れ、ドラッグして位置を調整します。

急激に一時停止するより、緩やかに止めたい時に詳細指定できる。

さらにDELAYのINとOUTをカーブで指定することもできる。

f:id:assetsale:20170503111942p:plain

 

EVENTS:  C#のイベントを発生させるか、特定のゲームオブジェクトの関数を呼び出す事ができます。

こちらもSPEEDと同じく、発生させるポイントを追加します。

 

特定のオブジェクトにイベントを発生させる例

f:id:assetsale:20170503112644p:plain

スタートして0.163のポイントで、CubeにTestEventのイベントを発生させます。数値はテストとしてint 3を指定しました。

 

Cubeにつけた適当なスクリプト

public void TestEvent(int v) {
    Debug.Log ("event " + v);
}

コンソールにevent 3と表示されれば成功。

 

ORIENTATION: パスポイントのカメラ角度を指定します。

ポイント到達後、次のポイントのカメラ角度に保管しながらアニメーションします。

f:id:assetsale:20170503113938g:plain

 

 

OPTION: 各種設定を行います。

「曲線のカラー変更」「プレビューのサイズ」「曲線をXMLでエクスポート、インポート」など行えます。

 

f:id:assetsale:20170502195311g:plain

 

 

Camera Path Animator - Animate in Unity with Ease - YouTube(0:32)

 

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です
Unity 5.0.0 以降のバージョンが必要
"カメラアニメーションの作成、編集、プレビューをエディター内で行い、あらゆる変更を見るためにシーンのコンパイルをしなければならないという事態を避ける

ウェブサイトを見る | デモ | ビデオ | ドキュメント

Unityのカメラやゲームオブジェクトのアニメーションを作成
簡単かつコードを触る必要なし
カットシーンの作成に最適、
構造の視覚化、フライスルーと映像制作技術
カメラアニメーションのプレビューは、
Unity エディター内で可能、再生キーを押す必要なし(Proのみ)
カスタムメイドGUIが
カメラ/ゲームオブジェクトのアニメーション作成を支援
ベジエ曲線とエルミート曲線をパワフルに実装、フル標準化で完璧なコントロール
モバイルと2D向き
統合C#イベントシステムを収録
複数のモードに
マウスルック、トラックターゲット、ループ、ピンポンを収録
成熟と安定のコードベース、DLL不要、全ソースコード収録

このパッケージは、エディター内でアニメーションスプラインの構築、編集、プレビューのすべての機能を提供します。 "

 

22.68ドルの計算結果 (1ドル 112.0440 円)
22.68ドル は、 2,541円

定価32.40ドルなら、3,630円