読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Blend Modes 25種類のブレンドモードでグラフィックに差をつけよう!モバイル対応のエフェクト系エディタ

30% エディタ エフェクト

f:id:assetsale:20160915221432j:plain

f:id:assetsale:20160914022110j:plain

今日のアセット

Blend Modes

$75 => $52.50    30%OFF

 

Blend Modesは、25種類のブレンドモードで「UI、テキスト、パーティクル、3Dメッシュ、2Dスプライト」を半透明化させるエフェクト系のプラグインです。

 

f:id:assetsale:20160915011408g:plain

 

例えば、「オーバーレイ」

明るい所は明るく、暗いところは暗さが強調されるようになります。

参考

Photoshopの描画モード -「オーバーレイ(おーばーれい)」とは- | 印刷の現場から -印刷通販WAVEのブログ-

 

Blend Modes - YouTube(2:09)

 

WebGLデモを触ってみた。

画面右側には25種類のブレンドモードがずらりと並び、それぞれ試す事が可能だ。

f:id:assetsale:20160915005628j:plain

画面左側には、「GUI」「Particles」「3D Mesh」「2D Sprite」の4種類。

今表示しているのがGUIのデモで、宇宙空間の背景とGUIが「Linear Light(リニアライト)」モードでブレンドされている状態です。

※リニアライト:重ねた色の明るさによって背景の明るさを増減させる

 

サンプル動画を見た感じでは、「3DMesh」と「2D Sprite」がイチオシなのか目立っているような感じがしました。

 

・オブジェクトがカメラの手前に隠れてゲームに支障が出ないようにする

・プレイヤーを隠すようなオブジェクトはエフェクト付きブレンドで対応

・パーティクルをクールに演出

 

アルファ値を50%程度にして単純な半透明で対応するか、工夫を凝らしたエフェクト付きブレンドで決めるかでグラフィックに差が生まれるのかなと思います。

 

f:id:assetsale:20160914022754j:plain

コンポーネントにアタッチするだけで使えるシンプルなブレンドエフェクト

 

f:id:assetsale:20160914022758j:plain

25種類のブレンドから選んでね♪ 詳しくはデモ

 

f:id:assetsale:20160914022801j:plain

f:id:assetsale:20160914022756j:plain

実行中にスクリプトでブレンドのカスタマイズも可能だ!

 

モバイル・フレンドリーモード

アセット説明に、「拡張支援が必要です!」と書かれてるので少し調べてみました。

 * モバイル・フレンドリー(最適化)モードのご使用のためにはframebuffer_fetch 拡張支援が必要です。詳しい内容はドキュメントをご参照ください。

 

↓ 2ページ目のRender modeで、Framebufferにすればモバイルになるみたいです。

 

f:id:assetsale:20160915012105j:plain

f:id:assetsale:20160915013023j:plain

特長:
• オーバーレイ、光度、リニア・ドッジ、スクリーン、ビビッドライトなどの25のブレンドモード。
• UIグラフィックス、テキスト、2Dスプライト、3Dメッシュ、パーティクルシステムなどを一つのインターフェイスで操作可能。
• ブレンド・モードエフェクトをいろんなオブジェクトに適用可能にするカスタムマテリアルエディターが付いています。
• モバイル・フレンドリーなシステム。
• 親切な使用例とデモ付き。

 

52.50ドルの計算結果 (1ドル 102.5140 円)
52.50ドル は、 5,381円

定価75ドルなら、7,688円