Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Amppitune Chronicles - Ultimate Music Collection 124曲のオーケストラ祭り!SFや戦争、ファンタジーゲーム系の曲多めなBGM素材集

f:id:assetsale:20170627221846j:plain

f:id:assetsale:20170627004548j:plain

今日のアセット

Amppitune Chronicles - Ultimate Music Collection

$106.92 => $74.84    30%OFF

 

8つのジャンルからなるオーケストラからロック、エレクトロニカまでのBGM素材集。

「124曲」収録されたミュージックコレクションパックです。

1曲あたり約67円 ※1ドル111円の場合

 

曲のジャンルは、FPS、RTS、RPG、アクション、ホラー、カジュアルと結構幅が広い。

特に「戦争」や「ファンタジーゲーム」系の曲が多いように感じました。

 

124曲全てのYoutubeプレイリスト

これから購入しようか悩んでいる方は、こちらの124トラック再生(Youtube)を聴く事をオススメします。

音質がちょっと悪いですが、YoutubeにiTunesのリンクが張ってありますのでそちらから高音質を聴いてみるのも良いでしょう。

 

オーディオアセットフルパック

Asset Storeの他のAmppitune音楽パッケージのすべてのトラックに加えて、さらに多くのものが含まれています。

パブリッシャー:Matias Puumala

f:id:assetsale:20170627231141j:plain

ゲームジャンル毎に作られた「アセット8種類」を全て含み、さらにプラスアルファで何曲か追加されたパッケージです。

 

今回ここで紹介する曲は「アセットストアに掲載されている10曲」

ジャンル毎にわけてチョイスされた感じでしょうか。

 

Amppitune - The Art Of War (Epic Hybrid Trailer Music) - YouTube(2:50)

大勢の兵士達が敵と戦ってるような、

シンセサイザーのテンポが耳にスッと入ってくる迫力ある曲です。

 

2分49秒で綺麗に曲が終わってるのでループとして使いにくそうですが

(タイトルにトレーラーと書かれているので当然ですが)

これに似たループ素材が別で用意されていたらありがたい。

 

戦争の芸術
Art Of Warは、現代的な積極的な壮大なハイブリッド音楽の予告編で、オーケストラのオーケストラとぎこちないデジタルシンセサイザーの両方を備えています。合唱団、激しい打楽器、ハード・エレクトリック・ドラム、壮大な旋律とフルオーケストラ。

 

↑作者さんの凄いところはそれぞれの曲に対しての解説が付いていること。

曲の雰囲気や、使ってる楽器の種類がよくわかるようになっています。

私も応戦して少しだけ感想を書いていきます。

 

Amppitune - Black Widow (Epic Cinematic Hybrid Trailer) - YouTube(4:07)

オーケストラ用のボーカロイドを使ったようなソロボーカル付きの曲

力強いドラムのリズムが気持ち良くて、主人公が負けずに前へ進んでいくイメージ。

 

 ブラックウィドウ
Black Widowはオーケストラとデジタルの両方の要素を含む現代的な叙事詩的なシネマティック・ハイブリッド・トレーラー・トラックであり、有機的で強力なサウンド・ヒーロー・トラックを作り出すために一緒にブレンドされています。フルオーケストラ、合唱団、雷鳴のパーカッション、エレクトリックドラムキット、ソロヴォーカル、壮大なメロディーは、壮大なハリウッドのサウンドを作り出します。思い出に残る最新のハイブリッドサウンドトラックで、観客を魅了し吹き飛ばして、あなたのプロジェクトをさらに一歩進んでください。

 

Amppitune - Wild Hunt (Epic Adventure Trailer) - YouTube(2:58)

静かなミュージックから始まり、力を増していくパターンが作者さんの得意技か。

SF向けの音素材のような出来で、兵器に搭乗して力強いロボットと戦う世界が思い浮かぶ。

これも2:58でキッチリ綺麗に終わるトレーラーBGMだから、

編集してループ系の曲にするか既にループの曲があるか気になる所。

 

 ワイルドハント
Wild Huntは、オーケストラとデジタルの両方の要素を備えた最新の叙事詩アドベンチャーミュージックの予告編で、ハイブリッドトラックのクリームになっています。ハリウッドのフルオーケストラ、強力な合唱団、雷鳴のパーカッション、壮大な旋律のメロディー、低音のドロップと強力なヒットは、壮大な壮大なプロサウンドを作り出します。

 

Amppitune - The Mission (Tense Urgency) - YouTube(2:15)

タイトル通り「ミッション」がすぐに浮かぶ直球の曲で、緊張や緊迫感がハンパない。

どこかに潜入して敵に見つからず先に進むステルスゲーム系の曲としてもいい。

オーケストラだけど、2Dゲームにも使えそうなシンプルさもある。

 ミッション
緊急性と緊張感をこのアクショントラックで感じる。シンセとパーカッションのオーケストラアレンジ。優れたビデオゲーム音楽。

 

Amppitune - The Awakening (Epic Orchestral Adventure) - YouTube(5:06)

合唱団の声が印象強くて神秘的。

打楽器の音色が強く、軍隊が行進しているイメージがちょっと浮かんだ。

ソロボーカル、管楽器のソロパートのあたりが緩急付いてて面白い。

 

 覚醒
壮大で冒険的なトラック。キャッチーなメロディーで大きなオーケストレーション。穏やかで柔らかい部分から本格的な大規模なオーケストラまで様々です。ソロの歌だけでなく、フル合唱団、大規模な打楽器やドラムも含まれています。優れたビデオゲームの音楽、およびアクション/軍事/戦争、中程度のテンポに適しています。

 

Amppitune - Durgan Miners (Adventurous Determined Videogame) - YouTube(3:16)

炭鉱のようなダンジョンBGM。

ゆるやかなペースの曲が印象的。暗闇の中を地道に進んでいくような探検する感覚。

2:00〜2:30あたりの雰囲気がとても良い♪

 

 ダーガン鉱夫
冒険と壮大なトラック。キャッチーなリフとメロディーを伴う大きなオーケストレーション。優れたビデオゲームの音楽、およびアクション/軍事/戦争、中程度のテンポに適しています。

 

Amppitune - Sinphony (Epic Orchestral Rock) - YouTube(3:30)

ロックミュージックで速いテンポ。重装備の兵士が戦っているようなヘビー感。

戦略シミュレーション、RPGのバトルBGMに使える。

 

個人的にロックのジャンルで言えば↓の方が軽快で好み。2Dゲームにも合いそう。

最初のドラム部分は微妙だから使う時にはカットしたい。

Amppitune - Courage Prevails (Epic Orchestral Rock) - YouTube(3:36)

 インストゥルメンタル交響曲騒動!典型的なロックバンドの楽器を含み、それをオーケストラと合唱団と融合させます。速いテンポ。

 

Amppitune - Amant (EDM) - YouTube(4:19)

他の曲に比べて、あれ?って思うほど真逆な曲が入ってきた。

明るいイメージのトランスで作者さんが新しい分野に挑戦したような衝撃。

ゲームセンターの雰囲気を現したり、UFOキャッチャー、Agar.ioのような2Dゲーム、

パズルゲームと相性よさそう。

 

 アマント
キャッチーなコーラスのメロディックトランス。太くて強力なソータイプのリード線、タイトなドラム、ベースプーン、シンセサイザー、大気パッドなどの一般的な市販のEDM計測器。速いテンポ。優れたビデオゲーム音楽。

 

 

Amppitune - Glow From the Abyss (Atmospheric Ethereal Pop) - YouTube(6:24)

出だしは神秘的でオーラに包まれた印象から始まる。

0:25あたりからエレキギターとピアノタッチで曲が進み、

ゆっくりとした流れで、宇宙や無機質な世界にいるような感覚になります。

ストーリーが付けられそうな曲だから、エンディングの曲に向いている。
 

 アビスからの輝き
不思議で大気のトラック。ピアノとエレキギターのタッチでゆっくりと進化するシンセサイザー。優れたビデオゲーム音楽。

 

Amppitune - Everything For Nothing (Menacing & Sad Cinematic Mood) - YouTube(6:29)

バイオハザードのエンディング?と思えるようなストーリー性のある曲です。

緊張感のある耳鳴りのようなアンビエントから始まり、それが延々とループすると思いきや40秒を超えた辺りで新たな楽器が鳴り始める。

合唱団による神秘的な歌声が終わり、2:55から出来事を振り返るパートで、

4:40〜その後を現すピアノパートで締めくくる。

 何もないもの
非常に威嚇的で恐ろしい感触、ほとんど邪魔になるシンセパッド、汚れたオーケストラの弦が雰囲気を作り出します。その後、弦楽器、合唱団、民族楽器などの穏やかで悲しいオーケストラのパートに移り、最終的には美しいピアノパートでその曲を終わらせます。

 

ホラーっぽい曲なのにプレビューをチェックしたら動画が含まれてなかった。

辛い戦いを終えた後のエンディングなどにってことでしょう。

 

領収書を送ると高音質ファイルがダウンロードできる

アセットストアからダウンロードできるファイルは

 『MP3ファイル:320kbps』

一般的に「綺麗に聞こえる」と感じる高音質クラスです。これでも十分ですが、

 

オーディオマニアの方の為に、作者さんから嬉しいコメントがありました。

「領収書をメールしてくれれば、

 24ビット 48kHzのWAVパッケージのダウンロード先をお知らせします」

問い合わせのメールアドレスについては、ブログに掲載できないため、

アセットストア説明文のリンクからお問い合わせください。

Amppitune Chronicles - Ultimate Music Collection

 

ライセンス

公式サイトのライセンスを確認してください。

一通り読んだ感じでは、違和感を感じる部分はありませんでした。

よくある音素材の利用規約と同じです。

 

アセット説明 日本語翻訳

Unity 5.3.5以降のバージョンが必要
Amppitune Chroniclesは、オーケストラからロック、エレクトロニカまでの124の音楽トラックを集めたものです。あなたのゲームのサウンドトラックを切り開くための巨大で安価なツールキットです。 Asset Storeの他のAmppitune音楽パッケージのすべてのトラックに加えて、さらに多くのものが含まれています。

124のトラックをすべてここでプレビューするか、下の選択したビットをチェックしてください。

すべての音楽トラックは320kbpsのMP3として提供され、24ビットの48kHzのWAVパッケージは、Asset Storeのサイズ制限のため、要求に応じてダウンロードできます。購買領収書で私にメールを送って、ダウンロードリンクを取得してください。

 

Amppitune Chronicles - Ultimate Music Collectionの価格

74.84ドルの計算結果 (1ドル 112.4150 円)
74.84ドル は、 8,413円

定価106.92ドルなら、12,019円