読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Additive Scene Manager 大規模マップを小分けしたシーンにして、シームレスで隣りのシーンをロードするエディタ

f:id:assetsale:20170424090841j:plain

f:id:assetsale:20170422201936j:plain

今日のアセット

Additive Scene Manager

$21.60 => $16.20    25%OFF

 

大きなマップやフロアのあるゲームで、いくつかに分割したシーンを最小限のロードだけで収めるエディタです。 

システム

現在居る部屋(シーン)の隣りの部屋が、まず自動的にロードされます。

別の部屋に入れば、その部屋に接続されてる部屋(設定した部屋)が全てがロードされ、接続の無い不要な部屋はアンロードされるという仕組みです。

f:id:assetsale:20170424081204g:plain

 

説明でパッとしない方は↓に個別で解説しました。

 

部屋(シーンのエリア)への設定

BoxColliderでルームを囲って、

Additive Scene Triggerに、入ったらロードしたいシーンを登録しておく。

f:id:assetsale:20170424083854j:plain

 

動画の画質レートの都合で文字が潰れてますが、

各シーンにScene Controllerを取り付けて、設定と、ロード状況の確認が行えます。

・シーンがスタートした時にアクティブにするオブジェクト

・継続的に存在させるオブジェクト

・現在ロードされてるシーン状況のリスト

 

f:id:assetsale:20170424084235p:plain

中央の青の部屋に入れば、隣のシーン4つがロードされる。

この時、例えば黄色の部屋に行けば、黄色の隣りにある新しいシーンがロードされ、

水色、赤、ピンクの部屋がアンロードされます。

f:id:assetsale:20170424083858j:plain

 

Additive Scene Manager v1.4: Intro & Tutorial - YouTube(11:52)

 

 このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です
Unity 5.4.2以降のバージョンが必要
このツールは、シーンの読み込み、読み込み、読み込みを容易にします。これは、アディティブシーンの非同期ロードとアンロードを単純化する一連の関数を提供します。どのシーンがロード/ロードされているかを表示するカスタムインスペクタが含まれているので、UnityのSceneManagerで何が起こっているのか、各シーンがどのロードステージにあるのかを簡単に理解できます。

SceneController.csクラスは以下のことを可能にします:
Unity 5で簡単にロード、アンロード、および再ロード。
- ゲーム開始時に読み込まれるシーンを追加します。
- SceneControllerのUnload関数によってアンロードされない '永続的な'シーンを追加します。
- UnityのSceneManagerクラスによって現在読み込まれているすべてのシーンを表示します。
- 各シーンがどのローディングステージにあるかを表示します。
- トグルでallowSceneActivationブール値を設定します。
- 新しいシーンをエディタまたは実行時に読み込みます。
- Lightmapping.BakeMultipleScenes API関数を使用して複数のシーンで同時に照明を焼く。

デモプロジェクトが含まれており、SceneController関数を使用するスクリプトも含まれているため、コードを使用せずにプロジェクトで作業する非同期アディティブシーンを取得できます。

VRカメラとシーンの読み込みに最適です。

 

16.20ドルの計算結果 (1ドル 109.9140 円)
16.20ドル は、 1,781円

定価21.60ドルなら、2,374円