Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

3D Radar Builder (Source Included) 「敵や目標のレーダー」「フロアのミニマップ」をコーディング無しで作れるエディタ

f:id:assetsale:20170402135055j:plain

f:id:assetsale:20170402135053j:plain

3D Radar Builder (Source Included)

$59.40 => $42.12    29%OFF

 

3D Radar Builder (Source Included)は、

フライトシミュレーションやFPS、トップダウンの2Dゲームなど、敵の位置をレーダーで表示するシステムです。

コーディングすることなく作れる優しい設計。デザインに集中して作業することができそうです。

 

実はこのアセット、

2017年2月3日のデイリーセールで登場した「Pro Radar Builder」の機能制限版です。

前回の「Pro Radar Builder」と機能を比較

アセット説明や画像から予想したものですが・・・

 

Pro Radar Builder

 ・エディタのソースコード非公開

 ・2D(UnityUI、IMGUを使用しないタイプ)搭載

 

3D Radar Builder (Source Included)

 ・エディタのソースコード同梱(閲覧&編集)

 ・2D非搭載(2D必要無いならProの時よりお得)

 

※ソースコード無しの「3D Radar Builder」は、$48.60

※ソースコード有りの「3D Radar Builder (Source Included)」は、$42.12

セールの割引効果は抜群。ソース有りの方が今はお得。

 

 

3Dのレーダー

宇宙船やフライトゲームなど3D空間上の立体的なレーダーとして使えるとのこと。

f:id:assetsale:20170203023253g:plain

 

コーディングすることなく組み立てられるお手軽設計♪

レーダーに表示される目標(敵)は、タグを参照して表示しているとのこと。

 

 

トップダウンのミニマップ

迷路のように入り組んだフロアにはミニマップは欲しい!

それも叶えてくれる便利なアセットです。

上下左右のカーソルを押してマップを可動させることも可能だ。

f:id:assetsale:20170203023629g:plain

上空から全景をカメラで撮影してテクスチャ化にする。(実行中、リアルタイムに更新されるかは不明)動画の1:24辺り

 

f:id:assetsale:20170402151823g:plain

 

VRや一人称視点では、プレイヤーを中心としてリング状のレーダーが表示されます。

f:id:assetsale:20170203024017g:plain

 

 

【参考】Pro Radar Builderについて詳しいサイトさま

 

エディタのセットアップが丁寧に書かれています。これから始める人は必見!

3Dレーダーのサンプル動画

Creating Advanced 3D Radars in Unity - YouTube(20:20)

 

2D、3Dのミニマップ作成方法

Creating 2D & 3D Mini-Maps In Unity - YouTube(4:47)

 

VRと一人称視点のスタイル

VR & First Person 3D Radar - YouTube(0:46)

 

How To Create Elite Dangerous Style 3D Radars in Unity with 3D / PRO Radar Builder - YouTube(21:34)

 

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です
Unity 5.5.0以降のバージョンが必要
ソースが含まれるバージョン

通常のバージョンについては、以下を参照してください:3D Radar Builder

-NEW、内部プーリング&最適化モジュール

3Dレーダービルダーは、ユーザーがコーディングなしで作成できるようにする高度なエディターツールです。

-3D RADARS(ワールド&スクリーンスペース)

-MINIMAPS(ワールドとスクリーンスペース)、(スタティックまたはリアルタイム)

-TRACKING SYSTEMS(ワールド&スクリーンスペース)

- 9ポイントスナップを用いたワールドアンドアンドスペース3Dレーダーとトラッキングシステム
- ミニマップ作成モジュール。

- コードなしで実際の(静的またはリアルタイムの)ミニマップシステムを作成する。

- レーダーを他のオブジェクトのように威嚇し、スケールし、回転させ、配置し、子にする。

- レーダーを作成するためのシングルクリック

どこにでも見えるようにレーダーのZOOMとPAN INSIDE

- 吹き出しにANYマテリアルを使用する

- Sprite Blipsを使う

- 異なるLODでメッシュブリップを使用する

- プレハブブリップを使う

- 高さトラッキング(トラッキングライン)。

- 高度なローテーショントラッキングを使用する

- オプションのBlip自動スケーリング機能

- デザインのビジョン

- 複数のカリングゾーンを使用する

- ローカルまたはプリセットスケールを使用する

- 簡単なレイヤー割り当て。

ちょうどそれを設定し、それを忘れる

- 特定のタグを持つオブジェクトを表すユニークなブリップを生成します。

- システムはUnity UIもIMGUも使用しないため、速くなります。

- さまざまなオブジェクトオブジェクト、レーダーでパーティクルエフェクトをシミュレートすることができます。

- 静的ミニマップ。小さな静的シーンに最適です。

- リアルタイムミニマップ。大きなシーン/オープンワールドに最適です。

- 高度なローテーションリターゲティング。

- 自動スケーリングと常にレーダーに吹き出しを表示するためのオプション。

他に何が得られるか(エクストラ)


- シンプルAI
- 宇宙船モデル
- 宇宙船の制御スクリプト
- 宇宙環境
- レンズフレア
- 複数のブリップスプライト
- 複数のレーダーデザインスプライト
- 複数の材料

 

42.12ドルの計算結果 (1ドル 111.3830 円)
42.12ドル は、 4,691円

定価59.40ドルなら、6,616円