Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Vertex Tools Pro 頂点ペイントで「塗り」と「変形」を試してみた

f:id:assetsale:20160629220811j:plain

f:id:assetsale:20160629220820j:plain

今日のアセット

Vertex Tools Pro

$45 => $27    40%OFF

 

前回の記事はコチラ

 

デモシーンを触ってみました。

f:id:assetsale:20160630020111p:plain

「VTP_demoscene_stylized_look」これがサンプル動画にあるシーンです。

Vertex Tools Pro // Unity Asset // Stylized Look & Heightblending Demo - YouTube(2:41)

開くとこのような一枚の板ポリにレンガのマテリアルが貼られています。

f:id:assetsale:20160630020547j:plain

このPlaneには「Vertex Color Stream」のスクリプトと、VTPシェーダーがセットされています。

f:id:assetsale:20160630020758p:plain

ここで3つのカラーチャンネルをセットしてようやく使えるようになります。

Red:レンガ

Green:砂(動くシェーダー)

Blue:水(動くシェーダー)

それぞれ、Albedo Map、Mump Map、Combined Mapをセットできるようになっています。他にも触れるパラメーターが沢山ある!

 

f:id:assetsale:20160630021936p:plain

こちらがペイントする時のエディタ画面です。

Red:レンガ

Green:砂(動くシェーダー)

Blue:水(動くシェーダー)

がアイコンになって選択できます。

 

「Paint'Plane'」をクリックするとペイントモードが始まります。

f:id:assetsale:20160630022412j:plain

赤い円はブラシで、Red(レンガ)を選択中。

今は平面ですが立体になれば、その面に対してブラシの円がフィットします。

 

正直言いますと、このエディタかなり重たいです。

私の使ってるPCが低スペだからだと思いますが、PCのスペックが要求されるのでまず要注意です。

 

でも、バーテックスモード(Show Vertex Color)にすれば、サクサク塗ることが出来ます。これに切り替えて、確認しての繰り返し作業でOK!

f:id:assetsale:20160630022500p:plain

頂点カラーのRGBのカラー値で、3つのテクスチャを表示しているんですね。

バンプマップも同じです。

 

他にもモードがありまして

・Paint

・Flow Mapping

・Texture Assistant

・Deform

f:id:assetsale:20160630023130p:plain

Deformで頂点を変形させてみました。

f:id:assetsale:20160630023327p:plain

まるでTerrain(笑)膨らませたり、へこませたり、滑らかにしたりTerrainと似てます。

 

あと、バーテックスアニメーションも付けられるので、砂がサーッと風で消え去るようなアニメーションを頂点レベル付けたりできそうです。(まだ試してないですが)

 

このアセットは、PBRが使える程度の環境で、ややハイスペックPC向けな感じがしました。

(まだ使って数分なので、使い込めば考え方も変わると思いますが)

 

クオリティを高くしたいと思ってる作者さんは要チェックです。

 

オマケ

Pointライトを全部消したらかなり軽くなった記念でキャプチャ

デモが重かったのはライトが原因だったのかも・・・。サクサク動いた。

f:id:assetsale:20160630031654g:plain

 

 

 

27ドルの計算結果 (1ドル 102.7465 円)

27ドル は、 2,774円

定価45ドルなら、4,624円