読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Space Graphics Toolkit 宇宙を舞台にしたゲーム作りに欠かせないスペースシーンの大人気グラフィックツール!

51% エディタ ゲームツールキット

f:id:assetsale:20160608222955j:plain f:id:assetsale:20160608223002j:plain

今日のアセット

Space Graphics Toolkit

$99.95 => $49    51%OFF

 

銀河や惑星、美しい地球まで全部カスタマイズして作れる、すべてのスペースシーンのゲームツールキットです。

 

あらゆる宇宙シーンが作れる

空のゲームオブジェクトに、Space Graphics Toolkitのコンポーネント(惑星や銀河、大気)を組み合わせてアタッチし、パラメーター(サイズ&透明度など)を調整すると惑星が完成します。

球体等のメッシュも含まれているから他に準備する必要は無さそうです。

 

 太陽の作り方 チュートリアル

Creating the Sun in Unity3D - YouTube

銀河系やブラックホールも専用のコンポーネントをアタッチするだけの簡単設計♪

 

 

モバイル対応

殆どがカスタムシェーダーを用いてますが、モバイル&デスクトップ&コンソールプラットフォームと完全にコンパチブル!

 

サンプル画像

f:id:assetsale:20160608214244j:plain

f:id:assetsale:20160608230116j:plain

f:id:assetsale:20160608230127j:plain

 

機能まとめ

  • Atmosphere - 惑星の回りにできる「大気」
  • Jovian -木星の軌道上の周りにあるリングレットの密度やガスの成分
  • Singularity - ロボアニメでよく聞く「特異点」光の速さ以上の速度で物質を吸い込むブラックホール。
  • Displaced Terrain - 惑星および星のための動的なメッシュを作成
  • Accretion - 木製の周りに出来る円盤アニメ
  • Simple & Advanced Belt - アニメートされた小惑星帯
  • Custom Belt - 小惑星帯にある各小惑星を調節
  • Cloudsphere - 惑星の周囲に雲の層を作成
  • Corona - 星の回りに完全なボリューメトリックなもやを作成
  • Prominence - 星の表面の上に現れるように太陽の紅炎を作成
  • Ring - 正しくデプスソートされたリングを惑星やガス惑星の周りに作成
  • Skysphere - シーンの背景に球面テクスチャーを適用 Skyboxの替わり
  • Spacetime & Spacetime Well - 重力井戸により、メッシュ(例えばグリッド)を歪ませる
  • Thruster - スペースシップのための3Dスラスターを作成
  • Wrapped Starfield - 無限に続くプロシージャルなスターフィールドを作成 ワープエフェクトを作成
  • Spiral Starfield - 渦巻き銀河の形状にプロシージャルなスターフィールドを作成
  • Static Starfield - カメラに追従するプロシージャルなスターフィールドを作成 背景の星あるいは雲に最適
  • Nebula Starfield - 星雲の形にプロシージャルなスターフィールドを作成
  • Elliptical Starfield - 楕円銀河の形にプロシージャルなスターフィールドを作成
  • Custom Starfield - スターフィールドの中のそれぞれの星を調整、星のカタログから星をプロットする際に最適
  • Box Starfield - 箱の形にプロシージャルなスターフィールドを作成
  • Sphere Shadow - 大気、リング、惑星、などに球状&楕円状のシャドーを落とすことができます。高速に動作
  • Ring Shadow - リングシャドーを大気や惑星にシャドーを落とす
  • Gravity Source & Receiver- ニュートン力学に基づく重力を容易にシミュレート

 

Webplayerデモ

f:id:assetsale:20160608235804g:plain

デモで触れるシーン↑、カメラを動かして巨大な惑星を観察しよう。

 

f:id:assetsale:20160608233757g:plain

惑星じゃないけど、他の惑星へ発進!みたいなワープが素敵。

 

Space Graphics Toolkitは2012年リリースで、現在もアップデートで進化し続けている。

 

宇宙を舞台にした最近のゲームは?

PS4で、8月25日に発売する「No Man's Sky」

 美しいビジュアルとオリジナリティに満ちた世界観&コンセプトにより、全世界で大きな注目を集めるPlayStation®4用ソフトウェア『No Man's Sky』

1800京個以上の惑星が存在する宇宙を舞台にしたオープンワールド!

インディーズ作品とは思えないクオリティで、宇宙を飛び回り新たな発見を楽しむゲームです!

 

49ドルの計算結果 (1ドル 106.9655 円)
49ドル は、 5,241円

定価99.95ドルなら、10,692円