読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

PRISM - Realistic Post-Processing Unityのイメージエフェクトを1つにまとめて最適化&品質向上

33% シェーダー フルスクリーン&カメラエフェクト

f:id:assetsale:20160512222001j:plain

f:id:assetsale:20160512222051j:plain

今日のアセット

PRISM - Realistic Post-Processing

$45 => $30    33%OFF

 

 PRISMはオールインワンのUnityポストプロセス・ソリューションです。高度に最適化された複数のポストプロセス・エフェクトを、ひとつの「Uber-Shader」に統合させ、ブリットのパスの負荷が減りパフォーマンスが大いに向上します。

 

「複数のポストプロセス・エフェクト」とは、イメージエフェクトの事を指します。

 

「「Uber-Shader」に統合させ、ブリットのパスの負荷が減りパフォーマンスが大いに向上」

この仕組みについて調べて見ました。

 

例えば、Unityに標準搭載されているStandard Assets。

BloomやBlurなど複数のエフェクトがバラバラに入っていますが、それらをカメラにアタッチすれば動きはするもののまだ効率は宜しくないようで、1つに統合することでパフォーマンスが大いに向上するとのことです。

 

使い方(一応)

・イメージエフェクトをまずはインポート

 Assetsタブの、「Import Package->Effects」

すると以下のフォルダに展開されます。

Standard Assets->Effects->ImageEffects->Scripts

 

このスクリプトファイルを、カメラオブジェクトにアタッチすると色々と使えます。

※見た目はSceneビューでは確認できないので、Gameビューで確認します。

f:id:assetsale:20160512230808p:plain

Scriptsフォルダにある数々のスクリプト。

これをひとつの「Uber-Shader」に統合して、ブリット(カメラから出力された画像をシェーダーに当てる処理)のパスの負荷が減って軽くなるというわけです。

 

しかもUnityのイメージエフェクトとは一味違った質感が出せるので、クオリティアップにも繋がります。

 

モバイルで使えるの?

モバイルでのご利用を推奨していませんが、ブルームや被写界深度などの効果は新しいモバイルデバイス(SM3.0以上)では十分使えます。

全部は無理だけど、新しい機種なら一部使用可能とのこと。

 

PRISM - Realistic Post-Processing for Unity - Launch Trailer

 

上:PRISM有り 下:PRISM無し

f:id:assetsale:20160512223646j:plain

f:id:assetsale:20160512223654j:plain

上下比較すると、太陽光の美しさ。Skyboxの一部(太陽付近の雲)だけ異様に明るくなるが解消されます。


 

上:PRISM有り 下:PRISM無し

f:id:assetsale:20160512223809j:plain

f:id:assetsale:20160512223816j:plain

下は鮮明なので奥まで見渡しやすく明らかに3Dゲームっぽい、上は肉眼で見たかのようなボケ表現で、奥にある光源は広範囲に強調されてます。火から発せられる暖かさにウットリ。

 

30ドルの計算結果 (1ドル 109.1635 円)
30ドル は、 3,274円

定価45ドルなら、4,911円