読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

GoogleDB Googleスプレッドシートのデータをスクリプト化してインポート

f:id:assetsale:20151115004711j:plain

f:id:assetsale:20151115004821j:plain

今日のアセット

GoogleDB

$10 => $5    50%OFF

GoogleスプレッドシートをUnityにインポートしてスクリプト化し、そのデータを扱えるようになるエディタ。

 

スプレッドシートはチームで編集&管理がリアルタイムにできるからゲームバランスの作成にとても便利ですが、パラメータを準備し終えた後に、わざわざcsvでエクスポートしてUnityに入れてと考えるだけで面倒くさい。

このアセットを使えばエディタからインポートして、スプレッドシートにある変数名をそのまま扱えるようになるというもの。

 

以下、ドキュメントの内容から部分的に抜粋

 

スプレッドシートにシート名と変数名を決めてデータを入れる。(int型、float型、Vector3など幅広く対応)

 Variable1Variable2etc...
null int float etc...
Weapon1 23 2.2 etc...
Weapon2 19 2.4 etc...

f:id:assetsale:20151115011918p:plain

 

Unity側では、Googleアカウントからのアクセス認証をしてインポートを実行。

f:id:assetsale:20151115011954p:plain

 

自動的に出来上がったスクリプトはこんな感じ。

f:id:assetsale:20151115010303p:plain

 

データを取得する際には、enum化したアイテム名を使って取得。

 

単品

Weapons broadSword = Weapons.Get(Weapons.WeaponsID.BROADSWORD);


全データ
foreach (Weapons.WeaponsID id in Weapons.GetEnumerator())
{
    Weapons data = Weapons.Get(id);
}

5ドルの計算結果 (1ドル 122.6100 円)
5ドル は、 613円

定価10ドルなら、1,226円

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発