読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

ObjectMaster オブジェクトの一括操作やリネームなどレベルデザインが快適になるエディタ

65% エディタ デザイン

f:id:assetsale:20151105003404j:plain

f:id:assetsale:20151105004334j:plain

今日のアセット

ObjectMaster

$20 => $7    65%OFF

 

オブジェクトの位置、サイズ、回転を設定した条件にあわせて配置。雑多になったオブジェクト名を一括リネームなど、レベルデザインに快適なエディタ。

 

ObjectMaster v1.4 Quickstart

細かいレベルデザインの経験をした人なら、あのときにこのアセットがあればもっと綺麗に作業できたかも・・・と思えそうな機能が満載です。

 

複数あるオブジェクトをランダムにばらつかせる機能を使えば、敵のオブジェクトをCTRL+Dで複製したときには同じ位置に出るものだから手動で少し離してはリネームしてましたが、一瞬で作業が終わります。

 

他には、ポジションが12.015になっているものを小数点切り捨てにて12に変換してくれたり、回転も中途半端じゃなくxx度単位で置き換えてくれる。これは便利だ。

 

f:id:assetsale:20151105014558j:plain

•グループおよびアンペアレントがワンクリックでできます。
•オブジェクトをワンクリックでグラウンドにドロップできます。
•オブジェクトをワンクリックでビューポートウィンドウの中央に持ってくることができます。
•ワンクリックで位置および/または回転の変換をゼロにできます。
•多くのファイルを一度にリネーム
•素早くプロップを作成するためシーン全体に渡り複数のオブジェクトを散乱させることができます。
•シーン中のGameObject名を検索および置換することができます。
•名前またはタグが一致するオブジェクトをプレハブで置換できます。
•その他多数!

 

このアセットとは関係無いですが、Unityの便利機能を1つ紹介。

オブジェクトを選択した状態でCommand+SHIFT+F(もしくはSHIFT+F)、適当な位置へ移動をすればシーンカメラが自動で中央にとらえてくれます。

画面縁まで移動してはカメラも移動して〜の作業から解放されます。

 

7ドルの計算結果 (1ドル 121.4610 円)
7ドル は、 850円

定価20ドルなら、2,428円

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発