Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Pro Draw Call Optimizer 複数のテクスチャをアトラス化して最適化するエディタ

f:id:assetsale:20150902020936j:plain

今日のアセット

Pro Draw Call Optimizer

$49.95 => $24.98    50%OFF

 

テクスチャをアトラス化(複数のテクスチャを1枚の画像にまとめる)してドローコール数をカット!パフォーマンスを最適化するエディタ。

 

ドローコールとは描画の呼ばれた回数の事で、数値が多ければCPUとGPUの負荷が高まる。(Gameウィンドウ→Stats→Batchesの値が最終的なDrawCall数)

サクサク動くモバイル向けのゲームを目指すなら100、それ以上でも平気ですが少し古い機種まで対応させるなら70前後を目安にする。

 

作り方は至ってシンプル。

エディタ画面を立ち上げて全オブジェクトを選択、もしくは指定するオブジェクトを対象にBake Atlasで素早く結合。

マテリアル、テクスチャが新規に生成されてオブジェクトへ自動的にセットしてくれます。

 

ProDrawcallIntroVID - YouTube

 

またシェーダが適応するか不安な人も大丈夫!カスタムシェーダでもどんなテクスチャでも対応できるとのこと。

 

LOD(カメラからの距離で使うメッシュとテクスチャ切り替え。遠くなら低負荷のものへ)までも対応。その作り方はこちらの動画。

How to work with LOD in Pro Draw call Optimizer - YouTube

 

効果例のサンプル画像

DrawCall数が96もあったのが23に激減し超サクサク動くゲームになった!

f:id:assetsale:20150902025753j:plain

 

ちなみに私はというと、Mesh Bakerの方を使ってる人ですが

大体は同じ機能になるのかな?

 

24.98ドルの計算結果 (1ドル 119.6980 円)
24.98ドル は、 2,990円

定価49.95ドルなら、5,979円

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発