Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

uniSWF Pro - Flash to Unity フラッシュファイルをUnityにコンバート

f:id:assetsale:20150617230334j:plain

今日のアセット

uniSWF Pro - Flash to Unity

$269 => $134.50    50%OFF

 

Adobe® Flash®で作られたswfファイルをUnityへコンバートするスクリプトツール。

スマホゲーが普及する前ではFlashゲームが海外の作品を中心に無料で遊べるゲームとして爆発的に人気がありました。

当時はFlashブログサイトで毎日の様に盛り上がっていましたが、今ではスマホに殆ど持って行かれてしまい下火になっている状況ですね。

 

何年か前に作った過去の遺産を復活させるべく、Unityへコンバートしてスマホに移植さえ出来ればもう一度花を咲かせる事ができるのかも!?

機能説明には、Android、iPhone、iPad向けに最適化された状態で出力されるとあるから非常に心強い!

 

このアセットの対象者と思われるのは

・過去にFlashゲームを作ったファイルを持っている。という職人。

・UnityよりAdobe Flashでゲームやアプリを作る方が効率が良い。

 

Flashはキーフレーム制御でアニメーション作りは楽ちんだし、ゲームのテンプレートも数多くある事から効率重視でいけばFlashの方が楽な人もいる。

 

それとゲームに限らず当時の盛り上がりをもう一度蘇らせたら面白い事にもなるだろうし、ハードディスクの奥深くに眠ってるデータをまだ持ってる人はこれを使って復活できたらイイネ!

ただのFlashアニメでも一工夫してアプリ化してしまえば何とかなる。絶対。

 

f:id:assetsale:20150618004303j:plain

 

ちなみにuniSWF Pro版ではユーザーのレビューではうまくインポートできないとちょっと不評気味。

気になる方はトライアル版からまずは始めて、動くか確認した後にProを検討すると良さそうですね。

Proより低価格なスタンダード版では★★★★☆(42)と高評価でうまく運用できてる人も多いようです。

 

 

今日からI Love 2D sale開始!

 

ただいま記事を準備していますのでしばしお待ちを!

 

 

評価表示が直った

 

トップ画像のスクリーンショットはいつも英語版の画像で紹介してましたが、

今日からUnity側の対応なのか、日本語表示の時に☆☆☆☆☆と(評価数)が被って出ていたのが今では正常にレイアウトされた表示になり、ちゃんと読み取る事ができるようになりました。嬉しい対応ですね!

 

134.50ドルの計算結果 (1ドル 124.1875 円)
134.50ドル は、 16,703円

定価269$なら、33,406円

 

Adobe Creative Cloud 12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

Adobe Creative Cloud 12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

 
Adobe Photoshop CC 12か月版 [ダウンロードカード]

Adobe Photoshop CC 12か月版 [ダウンロードカード]