読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Advanced Builder 複数のプラットフォームを一発でビルドさせる 2015/06/05

f:id:assetsale:20150605233017j:plain

今日のアセット

Advanced Builder

$39.99 => $20    49%OFF

 

プラットフォームチェンジをすることなく、ビルドが終われば次のビルドを自動的に始めてくれるエディタ。

さらにデモ版と製品版も切り分けも可能という優れもの。

 

モバイルならiOSとAndroid、PCならMac、Windowsといった双方ともリリースする場合に大活躍だ。

 

www.youtube.com

 

Unity 4.1.0 以降のバージョンが必要

Unity Pro版(もしくはUnity 5)が必要。
Advanced Builderを使えば多数のプラットフォーム上でゲームの複数のバージョンを簡単に管理できます。

例えばAdvanced Builderでワンクリックすれば、4つの異なるプラットフォーム上でデモ版と有料版が構築されます(ワンクリックで8ビルドです)。

特徴
– ゲームの複数バージョンを管理
– ワンクリックで複数のプラットフォームに構築
– ワンクリックで別の構成に切り替えて、エディタでゲームをテスト
– すべてのビルド向けのクリーンなデスティネーションパスを定義
– ビルド前/ビルド後にカスタムスクリプトを追加
– 配信プラットフォーム(例えばGoogle PlayやAmazon Storeなどに対処)
– それぞれの構成向けに異なるscripting defineを使用
– それぞれの構成で入れたいシーンを選択
– クリーンなC#コード

注意
– Advanced Builderを使って複数バージョンのゲームを自動構築したい場合、Unity Pro版もしくはUnity 5のどちらかが必須です(カスタムビルドにはUnity Pro版が必要だからです)。しかし、Project Configurationウィンドウを介して構成を手動設定することはできます。その場合、希望の構成を設定するにはボタンをクリックしてから、すべて の構成を手動で構築しなければなりません。
– このツールでiOS向けのビルドを構築するのに、WindowsやLinuxマシンは使えません。Macが必要です。

2013年からサポートを続けています!

Web | 資料 | ビデオ | Unityフォーラム

 

現時刻にて125.5円ナリ・・・(^_^;) 2日前も突破したし、、ねぇ

20ドルの計算結果 (1ドル 125.5150 円)
20ドル は、 2,510円

定価39.99$なら、5,015円

 

Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス

Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス