Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Core GameKit で素早くゲームを完成させよう

f:id:assetsale:20150326231711j:plain

今日のアセット

Core GameKit

$50 => $10    80%OFF

 

Master Audio: AAA Sound Solutionで有名?な作者が作るゲームキット

今回もさらっと見た感想ですので、あまり鵜呑みにしないように。

 (とにかく安いので私は購入しました)

 

主にSpawn系を得意とするお手軽にゲームが作れてしまうキットです。

Unityでオブジェクトを生成するときにはinstantiateを使いますが

重たいキャラや大量に出現させるなど、状況によって処理が重たくなってしまいます。

 

そこでオブジェクトプーリングの登場。

ゲームオブジェクトをシーン開始直後などに予めinstantiateで作り見えなくしておく。

使う時に非表示を表示に切り替えるだけにして負荷を軽減させる仕組みです。

またオブジェクトは再利用しDestroyされる事無く使い回すという意味でもあります。

 

pool処理だけ単体販売2$(Pool Boss)もされていて

それが同梱されているのでちょっとお得です!

 

サードパーティ対応

- NGUI
- Playmaker
- Behavior Designer
- AI For Mechanim
- Dialogue System

 

こんな人にオススメ

  • キャラやオブジェトが単純に出て消えてのゲームを作りたい。
  • instantiateの時に処理が重たい。
  • 上記のサードパーティ製品を既に使っている。
  • ミニゲームを手っ取り早く作りたい。

 

オマケ

AI For Mechanim(今ではICodeというアセット名になっている)で試してみたい気がしましたが、公式を見るとバージョン2.0まで対応とあるので

3.2.3.8には対応してなさそうだし、難しそうだなぁ。

 

PoolManagerというアセットを以前使ってましたが、

生成?されるのがGameObjectではなくTransform限定だったので苦戦しました。

(素人なので笑ってやって下さい)

再利用するときにも初期化が面倒だったし

CoreGameKitでもTransformだったら萎えるなぁ・・・

 

評価

  • 有効性 ★★★★☆4
  • 今買わず将来的に後悔する可能性 ★★☆☆☆2
  • 制作難易度 不明
  • 即戦力 ★★★☆☆3 ちょっと勉強が必要だと思われる。
  • 割引感 ★★★★☆4

 

10ドルの計算結果 (1ドル 119.1370 円)
10ドル は、 1,191.37 円

定価50$ なら5,957.50 円

 

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニック

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニック

  • 作者: Scott Rogers,塩川洋介(監訳),佐藤理絵子
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/08/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 17人 クリック: 98回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 
エンジニアのためのUnity実践リファレンス ? ゲーム開発にすぐに役立つスクリプト入門

エンジニアのためのUnity実践リファレンス ? ゲーム開発にすぐに役立つスクリプト入門