Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

2.5D Medieval Fantasy Environment 2.5Dアクションゲーム用の中世ファンタジー3Dモデル素材集

f:id:assetsale:20161218230838j:plain f:id:assetsale:20161218220506j:plain

今日のアセット

2.5D Medieval Fantasy Environment

$39 => $25    36%OFF

 

2.5Dアクションゲーム用のファンタジー系3Dモデル素材です。

 

ファンタジー中世デザインで、「城、居酒屋、地下室、書庫、洞窟、寺院」などレベルが作れる素材パックで、ダークサイド寄りのホラーアクションっぽい印象だ。

f:id:assetsale:20161218231439g:plain

ライティングには特別なこだわりがあるそうで、なじみのない人が学習できるサンプルシーンが容易されてるとのことです。

- 2分間であなたのシーンを明るくしましょう(ユニティのライティングになじみのない人には特別な章があります)

そのサンプルシーンだけでも、とても良い勉強になりそうですね。

f:id:assetsale:20161218221223g:plain

 500以上のモデルから作成され、Prefab数は530以上も入っている!

 

2.5d Medieval Fantasy Environment | Asset Store | Unity3D - YouTube(0:50)

横から見た視点の素材は、ブロクで記録した中でおそらく初登場です。

トップダウンやFPS系の素材は多く見かけましたが、2.5D専用のモデルは本当に貴重かもしれない。

 

2.5Dゲームの曖昧さ

3次元グラフィックスで奥行きに移動することは出来ず、2Dゲームと同じ操作方法になるのが2.5Dだと思っていましたが、

見た目が完全に2Dゲームだけど画面を回転させるタイプであれば2.5Dと呼んでいるゲームもあるそうです。

Project:Shiftの正体は2.5Dアクション。ゴー☆ジャスもハマって実況プレイ! [PR] | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

 

コンピュータゲームにおいて、映像表現に3次元コンピュータグラフィックスを使用しているにも関わらずゲームの展開が2次元(例えば上下左右に移動できるが奥行きの概念がゲームに影響しない場合)であるものを2.5次元と呼ぶ事がある。

2.5次元 - Wikipedia

Wikiでは「2.5次元と呼ぶ事がある。」と書いてありますし、作り手が2次元を超えた!と思えば、それはもう2.5Dゲームなのでしょう。

 

アセット説明

Unity 5.3.3以降のバージョンが必要
2.5D中世のファンタジー環境には、城、居酒屋、地下室、洞窟、寺院など、さまざまなレベルを作成するために必要なすべてが含まれています。

デモシーンが含まれています。

530+プレハブを使用する準備ができました(500以上のモデルから作成)

19カテゴリ:壁、床、柱、岩、オブジェクト、プラットフォーム、屋根、ドア、家具、植物...

照明プリセット+プレハブ(トーチ、木製の火、オイルランプ、キャンドル、燭台、魔法の花)を使用する準備ができています。

すべてのライトには、モデル+ライト+パーティクルが含まれます。 様々な粒子:火災+ホタル+塵。

キャラクターとカメラがあなたのレベルを素早くテストします。

ヒントとテクニックを含む完全なドキュメント:

- 独自のレベルを作成します。

- 2分間であなたのシーンを明るくしましょう(ユニティのライティングになじみのない人には特別な章があります)

アートとテクニカルヒント。

 

25ドルの計算結果 (1ドル 117.8400 円)
25ドル は、 2,946円

定価39ドルなら、4,596円