読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

Unite 2017 Tokyo!(ノードベースで敵AIの組み立てなど!群集コントロール拡張パックも紹介 / Unityの地形生成には戻れない?人気のTerrain系エディタ / スマホゲー向け「タッチ入力&ジョイスティック」システム)

f:id:assetsale:20170511084640j:plain

【セール期間】2017年5月24日(水)22時まで

 あと2日で終了!

 

このセールは東京/上海/ソウルで開催した「Unite 2017 Asia」のイベントセールです。

全部合わせてたセールリストはこちらです!

セールリスト(3カ国全て含む / 全53アセット)

 

日本作者だけに絞られた特設ページはコチラ

Unite 2017 Tokyo記念セール!(日本作家の特設ページ)

今日の内容

エディタ:Behavior Designer

   (ノードベースでゲームの組み立て!群集コントロールする拡張パックに注目)

エディタ:Gaia - Terrain Creation, Texturing, Population

   (評価うなぎ登り!Unityの地形生成には戻れない?話題のTerrain系エディタ)

スクリプト:Easy Touch 5 : Touchscreen & Virtual Controls

   (スマホの入力&ジョイスティック付けるならコレ!究極コントローラー)

 

前回の記事

Unite 2017 Tokyo記念セール!(UIの生成/破棄・配置・管理をC#側からできるスクリプト / HP,MPをガラス玉の液体で表現!炭酸水のような発泡が綺麗) - Unity AssetStoreまとめ

 

f:id:assetsale:20170522160950j:plain

f:id:assetsale:20170522160952j:plain

Behavior Designer

エディタ拡張/ビジュアルスクリプティング

$81 => $56.70    30%OFF

 

敵のAIなど、プログラミングせず組み立てるビヘイビア(行動)デザイナーです。

面倒な敵の行動パターンを、フローチャートを組み立てる様に「視界に入ったら攻撃モードに移る」視覚的なエディタでAIを組み立てられます。

2D、3Dの敵キャラAI作りに最適です!

 

この記事は2017年3月4日に開催したWishlistSaleの記事を再利用しております。

f:id:assetsale:20170304021157g:plain

スクリプトで書いていたら状態管理が面倒ですが(例えばキャラのデバッグ情報をどこかに表示させるなど)Behavior Designerなら、実行中にエディタの画面を見れば、どの状態になっているかを目視で把握できるので、おかしな挙動をしていれば、すぐ特定できるのも魅力の1つです。

 

サンプルプロジェクトCTF Sample Project

キャラクターを追いかけ回すサンプルプロジェクト

Behavior Designer CTF Sample Project - YouTube(13:23)

サンプルプロジェクト「RTS Sample Project」

拡張版を使って隊列組んでフォーメーション移動など

Behavior Designer RTS Sample Project - YouTube(14:04)

Behavior Designerを使用すると、簡単に新しいタスクを作成することができ、強力なAPIを使用した直感的なビジュアルエディタを手に入れることが出来ます。 また、数百ものタスクや PlayMakerや豊富なサードパーティ製品を一行のコードを記述することなく統合でき、複雑なAIを作成することが可能になるのです!

Behavior Designerは初期化後のゼロの割り当てと、可能な限り効率化を図るために1から設計されました。 その結果、モバイルを含む全てのプラットフォームで素晴らしい動作を得ることが出来ました。 Unityと Unity Proで動作します。

特長:
- 直感的なビジュアルエディタ
- パワフルな API
- ビジュアルランタイムデバッガー
- タスク間の柔軟な通信
- 条件付き異常終了
- タスク反映には既存のコードを使用
- 数百のタスクに対応
- リアルタイムエラー検出
- バイナリか JSONによるシリアライゼーション
- データオリエンテッド設計
- 初期化後にゼロランタイムを割当
- オブジェクトドロワー(プロパティドロワーのようなもの)
- Unity 5 対応
- ランタイムソースコードを同梱
- 広範囲に渡るドキュメントとチュートリアルビデオ
- オンライン上にサンプルプロジェクトを用意
- さらに詳しくはこちら

 

Behavior Designer拡張パック

 

3種類の拡張パックが現在販売されています。

その中でもBehavior Designer - Movement Packは特にオススメアセットです!

f:id:assetsale:20170522161759j:plain

Behavior Designer - Movement Pack

$10.80    セール無し

WebPlayerデモ

↓群集が出口に押し寄せると混雑して出られなくなる場合がありますが、

Movement Packなら譲り合いシステムでスムーズに行動しているのが凄い。

f:id:assetsale:20170304024622g:plain

 

AIにとって経路探索はかなり重要なポジションです。

プレイヤーを発見しても、そこへ辿り着くまでの順路が無ければ、壁の衝突を繰り返して目標に辿り着けなかったり、穴に落下してしまうなど全く役に立ちません。

Behavior Designer - Movement Packは、Behavior Designerの追加スクリプト的なもので、インポートすることにより以下の経路探索プログラムを扱うことが出来ます。

- Unityの 「NavMesh Agent
- A* Pathfinding Project(NavMeshより賢い。最強)
- Apex Path(隊列とか連携が凄い)
- Poly|Nav2Dの経路探索で有名

 

f:id:assetsale:20170522161708j:plain

Behavior Designer - Tactical Pack

$10.80    セール無し

WebPlayerデモ

f:id:assetsale:20170304023514g:plain

攻撃は、ゲームごとにユニークです。Tactical Packは、自分のゲームに最適な攻撃とダメージロジックを実装できるようにインターフェイスを使用します。さらに、Tactical Packは、攻撃とダメージの処理にPlaymakerやThird Person Controllerを使用することができます。 

 

f:id:assetsale:20170522161540j:plain

Behavior Designer - Formations Pack

$10.80    セール無し

WebPlayerデモ

f:id:assetsale:20170304022949g:plain

Behavior Designer - Formations Packには、UnityのNavMesh付きのグループフォーメーションに集中した、14の異なる挙動ツリータスクが含まれています。

エージェントはいつでもフォーメーションに参加、離脱できます。フォーメーションは動的に変化に応答します。

 

以下のタスクが含まれています。
- 列 - 行 - グリッド - 線 - エシュロン - ウェッジ - V型 - 弧 - 散兵 - 群れ
- ダイアモンド - 三角形 - 四角形 - 円

 

 

f:id:assetsale:20170522152959j:plain

f:id:assetsale:20170522152958j:plain

Gaia - Terrain Creation, Texturing, Population

エディタ拡張/地形

$48.60 => $34.02    30%OFF

 

Unityの地形生成(Terrain)には戻れない!?美しい地形を短時間で生成するためのエディタです。

 

GAIAの環境は、SkyrimとWitcher 3と比較されてきました!お金と時間を、環境の生成に使うのではなく、もっと重要なゲームプレイの部分にたっぷり使って下さい!

Gaiaの注目ポイントは、

このゲームレベルの地形を作れる可能性を秘めてる事。

最高に美しい景色を作ってやる!と思ってる方は特に必見です。

Witcher 3 : Google画像検索

Skyrim : Google画像検索

 

お知らせ

Gaiaの記事につきまして、

ダウンロード容量が「サイズ: 946.7 MB」あるため、残念ながら今の通信環境ではダウンロードが出来ません。(汗

ある程度使ってから記事を書こうと思っておりましたが、容量の都合で試せていません。

 

Gaiaはスタンプベース

Gaiaの作り方は、「チュートリアル動画」と「ドキュメント(PDF)」を片手にチュートリアルを進めて行くスタイルから進めます。

スタートで地形を作った後、山や村などをスタンプで配置していく流れになります。

- スタンプベースです– 地形はスタンプを使って作成していきます。可視的で直観的、そして正確に、ちょうど望みの場所に好きな要素を使う事ができます

 ※前に試した時、ドキュメントPDFもあったような・・・?

 

GaiaのデータをUnityのTerrainで使う

UnityのTerrainにすることで、サードパーティ製のTerrain系アセットと連携して使うような事ができそうだ。

- Gaiaで作成した地形をUnity側で調整が可能!
- どんなシェイダーや他の技法を使っても、親和性に問題は生じません;
- シーン作成後Gaiaを削除してもOKです。

 

f:id:assetsale:20170522153649g:plain

 

Gaia v1.5 QuickStart Guide - YouTube(30:36)

 

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です
Unity 5.1.0 以降のバージョンが必要
GAIAは、豪華な地形やシーンを素早く正確に作成するシステムです。

GAIAは、マニュアルと手続き型の技術で、アセットストアの中でおそらく最も簡単で、最も速く作成でき、最も美しいシーン、テクスチャリング、木や草の配置や生活環境などが可能です。

GAIAの環境は、SkyrimとWitcher 3と比較されてきました!お金と時間を、環境の生成に使うのではなく、もっと重要なゲームプレイの部分にたっぷり使って下さい!

Gaiaのお客さまの声:
「驚く程デザインがよくできたツールです」
「間違いなくベスト・オブ・ベストです」
「難しいと思っていた物をとても簡単にしてくれます」
「ついにアーティストのための地形のツールが出たという感じです」
「他と比べて素晴らしい製品とサポートです!」

Gaiaでは次のことができます:
- リソースの定義と管理;
- 山や丘、湖などにスタンプしていくだけで、地形の作成と調整ができます;
- 詳細な要素を加え、既成の地形を更に良いものにしていく事もできます;
- リソースを活用して「Spawner」で地形にテクスチャで色づけしたり、植物を植えたり、生活空間を作ったりできます。

Gaiaは以下と互換性があります:
- Gaiaで作成した地形をUnity側で調整が可能!
- どんなシェイダーや他の技法を使っても、親和性に問題は生じません;
- シーン作成後Gaiaを削除してもOKです。

Gaiaはここが他と違います:
- スタンプベースです– 地形はスタンプを使って作成していきます。可視的で直観的、そして正確に、ちょうど望みの場所に好きな要素を使う事ができます;
- 拡張性があります ― スキャニングシステムでもっと多くのスタンプが作成でき、さまざまな地形、RAWファイル、メッシュ、インターネットからの画像やテクスチャからまでも簡単にスタンプでソースにできます;
- 複製可能で順応性があり、ルールに基づいています―地形のテクスチャ、植物の配置、オブジェクトの設定といった作業は全て手順に沿って行われ、seedをベースにしています。これは、新しい地形への適合を可能にし、ネットワークゲームに最適です;

フォーラム
ビデオのチュートリアル

注: この紹介ビデオのアセットは全てGaiaに含まれているもので、無料でゲームに使用していただけます。次のサンプルも含まれています:

-3DForgeの村のエクステリアキット;
- MotuProprioのReal Rocks vol 1の岩;
- 無料のサンプルテクスチャ数点。

重要: Gaiaは現時点ではマルチタイルの地形をサポートしていません。このサポートにつきましては、あと数回更新すれば可能になる予定です。それまでの間は、回避策で対応します。

 

 

f:id:assetsale:20170522163226j:plain

f:id:assetsale:20170522163228j:plain

Easy Touch 5 : Touchscreen & Virtual Controls

※日本語タイトルでは「Easy Touch4」です。

スクリプト/入出力

$32.39 => $22.67    30%OFF

 

Easy Touch 5 は、モバイルプラットフォームで制作する為のパワフルなタッチ入力システムです。評価数632ある大人気アセットだ!  ※2017年5月22日時点

 

スマートフォンで基本的な操作「タップ、ダブルタップ、スワイプ、ツイスト、ピンチ、長押し、ドラッグ、マルチタッチ」の検出ができます。

 

この記事は2016年9月28日のデイリーセールの記事を再利用しております。

スクリプトをアタッチするだけでイベントが返ってくるのでシンプルで手軽♪

これからモバイルゲーム開発をする初心者の方にとっても時間と手間が省ける便利な入力システム。

 

f:id:assetsale:20160928223434p:plain

Easy Touch 5 は「玩」マークで有名な、

ソースコードを書かずにゲームを作るアセット「Playmaker」と連携することも可能。
入力周り(ジョイスティックなど)の活躍に期待できる。


 

2種類のデモが用意されています。

デモ1 - EASY TOUCH 4.X

 4.x時代から搭載されている定番機能

デモ2 - EASY Touch Controls

 4種類のEvent & Input方式のデモ

 

デモ1 - EASY TOUCH 4.X

f:id:assetsale:20160924230149j:plain

「タップ、ダブルタップ、スワイプ、ツイスト、ピンチ、長押し、ドラッグ、マルチタッチ」の動作テスト

UIにタッチできるかできないかの判定↓ UnityUIのタッチ検出、簡単なミニゲームが試せるデモです。

 

Advanced examples - Auto Select

f:id:assetsale:20160924233304g:plain

球の範囲内をロングタップしている間、その座標位置を取得します。

1pxでも離れたらタップしてない判定になる。

レイヤー切り替えにより、指定されたレイヤーのみ入力を受け付けます。

 

デモ2 - EASY Touch Controls

f:id:assetsale:20160924230228j:plain

 

レバーを使ったジョイスティック アーケードスティック

f:id:assetsale:20160924234053g:plain

 

コントローラーの十字キー

f:id:assetsale:20160924234245j:plain

 

タッチパッド - エリア

f:id:assetsale:20160924234501j:plain

指定したエリアをタップしてジョイスティックにする操作方法

 

FPS example
3ed person
3ed person dungeon

f:id:assetsale:20160924235224g:plain

PCでの操作はかなり難しいですが、ジョイスティックを使ったFPSゲームのコントロールを体感することができる。

 

動画前半:シンプルな手順での実装 /   動画後半:Playmakerを使った実装

EasyTouch5 : New features quick overview - YouTube(8:49)

コリジョンを持つオブジェクトにスクリプト(Quick Touch等)をアタッチして、

パラメータの設定とイベントの送り先を指定するだけで実装完了。

超スピーディに開発できるかも!

f:id:assetsale:20160925005751j:plain

 

ジョイスティックの機能紹介

Easy Touch 5 : Virtuals Controllers new features - YouTube(14:15)

 

Unity 5.2.0 以降のバージョンが必要
Web Player | Virtual Controls | サポート | PlayMaker エクステンション

EasyTouch Controlsのユーザーの皆さまに価格更新

UNITY 5に完全対応

EasyTouchがあれば、素早くそして簡単にタッチスクリーンのジェスチャ、ジョイスティック、ボタン、DPad、TouchPadに基づくアクションをEasyTouch controlsで開発できます。

タップ、ダブルタップ、スワイプ、ツイスト、ピンチといったメジャーなジェスチャは全てEasyTouchが識別でき、幾つものタッチに対応しています。

モバイル機器のゲームを制作するのに必要なものは全て揃っています。中指のシュミレーションで、こんなに簡単なモバイルプラットフォームの開発はこれまでありませんでした。

EasyTouch 4の新要素
* Unity UIに統合。
* EasyTouchTriggerコンポーネント
* 新しい2つのフィンガージェスチャーのアルゴリズム。
* 中指のシュミレーションの有効・非有効
* 2本の指の自動選択の2つの方法
* ダブルタップが設定可能に。
* タップとスリップのジェスチャの優先度。
* 新しいスワイプの4方向。
* オブジェクトを選んで自動アップデートするオプション .

EasyTouchはC#の記述で、イベントによるアクションを通知します。そのイベントは、デリゲートシステムによって送られます。もしくは、新しいEasyTouchTriggerコンポーネントを使用する事もできます。

 

Unite 2017 Tokyo記念セール記事一覧

 

Core GameKit Wave単位で敵が生成されるロジックをソースコード書かずにエディタで作れるゲームツールキット

f:id:assetsale:20170522110506j:plain

f:id:assetsale:20170522110507j:plain

今日のアセット

Core GameKit

$27 => $18.90    30%OFF

 

Wave単位で敵が攻めてくるタイプのゲーム(シューティング、ディフェンスゲームなど)を作る為のゲームツールキットです。

 

Wave1:弱い敵が等間隔で出現する

Wave2:別の方向から敵を出現させる。

Wave3:3000点以上ならWave3はスキップ。BGMをチェンジ。敵を出現させる

Wave4:回復アイテムを出現させる。中ボス登場

・・・

Wave10

 

こんな感じのゲームスタイルに活用できます。

 

Wave関連のゲームで、敵の生成、ダメージ管理、ダメージエフェクト再生、敵の破棄などが使えるゲームツールキットだと思いますが。慣れた人なら色々なゲームに応用して活用していそうだ。

 

オブジェクトプールで最適化

Instantiate()でオブジェクトを生成すると、スペックの低いデバイスでは読み込み処理の関係で負荷が発生し、ゲーム速度に影響を与えてしまいます。

Core GameKitでは、オブジェクトプーリングで生成/破棄を行っているためモバイルでも快適に使えるようになっています。

 

「オブジェクトプーリング」※詳しくはサイト内でご確認下さい。

第01回 オブジェクトプーリング · unity3d-jp-tutorials/2d-shooting-game Wiki · GitHub

 

Core GameKit: Killables & World Variables (KW) - YouTube(8:05)

 

期間限定でさらに安くなっている

期間限定で40%オフ!通常価格$50

と書いてありますが、50%OFFになっています。

それからさらに30%OFFで「$18.90」は安い。

 

プーリングシステムだけ単体で売ってます

Core GameKitには、プーリング、生成、戦闘を行う完全なシステムが付属します!
付属のプーリングシステムは、こちらで単体販売もしています。

f:id:assetsale:20170522111511j:plain

f:id:assetsale:20170522111508j:plain

Pool Boss

 

シューティングゲームで敵撃破

Core GameKit: Killables & World Variables (KW) - YouTube(8:50)

こちらの動画、少し長いので目的だけ解説。

 

最初は弾は出るが敵を貫通してダメージを与えられず倒す事が出来ない。

この状態から開発スタート

f:id:assetsale:20170522112611g:plain

敵のPrefabに弾が衝突したときのコンポーネントや、ダメージエフェクトなど、

プログラミングする事無く組み立てて行くと・・・

 

敵に弾が当たったら、弾が消えて炎のエフェクトが再生される。

敵機体の耐久値が0になったら破棄を行う

f:id:assetsale:20170522112613g:plain

ソースコード無しで、エディタ内だけで完結できる。

 

最新版をインポート

 

サンプルシーンは全部で5つありました。

f:id:assetsale:20170522113951p:plain

 

今回は「1.TimedAndEliminationWaves」を調べてみた。

f:id:assetsale:20170522113855g:plain

画面内の文章。和訳

このシーンには、さまざまな設定と6つのWaveがあります。

左/右矢印キーとマウスをクリックして発射します。 設定を微調整してください。

ウェーブ1は、あなたのスコアが1000になるまで繰り返されます。

あなたが3000点以上を持っていれば、ウェーブ3はスキップされます。

 

ウェーブ3では音楽が変化し、ウェーブ7ではPrefabPoolがあり、同じSpawnerWaveから複数の異なるPrefabを生成できます。


Wave 7は永遠に繰り返され、あなたのスコアに応じてPrefabPoolのアイテムを変更します!
「KillableListenerSubclassを例として、PlayerのPrefabにあるイベントを聞き、メインカメラのPrefabに入れました。また、最初の2つのレベルのそれぞれを完了するために5000 Expoを取得しています。

 

スコアと他のワールド変数は、レガシーUnity GUIを使用しています。Unity 4.6 uGUIの例については、オプションのパッケージをインストールしてください。
サポートのために、readmeファイルでリンクを確認してください!ハッピーゲーム!

 

移動はどうやってる? 

基本的に下に進むものだけの簡単なスクリプトがアタッチされていました。

他のデモも同様で、動く部分に関しては、もしかしたら別で作る必要がありそうです。

 

CPUの挙動についてはこちらのアセットがオススメ

f:id:assetsale:20170522134046j:plain

f:id:assetsale:20170522134047j:plain

拡張しやすいFSM : 『Arbor 2』(日本作家さんのステートマシン)

$21.60 => $15.12    39%OFF

 

海外製ならこちら

Playmaker

Behavior Designer(現在セール中)

ICode(Mechanimの旧AI)

 

 

敵の弾はどうする?

f:id:assetsale:20170522133802j:plain

f:id:assetsale:20170522133801j:plain

Uni Bullet Hell

スクリプト

$27 => $18.90    30%OFF

 

現在セール中のUni Bullet Hellがオススメです!詳しくは↓の記事を見てください。

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です
Unity 4.5.5 以降のバージョンが必要
期間限定で40%オフ!通常価格$50

プーリング、生成、戦闘を行う完全なシステムが付属します!
付属のプーリングシステムは、こちらで別売りもしています。

Core GameKitを使用すると、新作の3Dまたは2Dゲーム発売までの時間が劇的に短縮されます!完全なプーリング・戦闘システム、拾得サポート(コイン/回復アイテムなど)、プレイヤー(および敵)に関する統計情報の修正、 敵のWave(ウェーブ)設定、など基本的なレベル設計ツールの大部分を、必要なオプションと一緒に用意しました!コーディング不要で数分ですべて完了します! ウェブデモ!

動画 | ドキュメンテーション | API | フォーラム | Unityスレッド

::新機能!Instantiate(インスタンス化)コールとDestroy(破棄)コールを回避するための完全なオブジェクトプールシステムが付属されています!

::新機能!(Playmaker風)Core GameKit InspectorフィールドのWorld Variable値を使用して下さい!

::新機能!すべてのUnity 4.6 UIイベントをサポートします!

::新機能!Support for Unity 2Dの衝突とトリガーをサポートします!

::Global wave(グローバルウェーブ) - 各々が好きな数のスポナーをトリガーできます。レベルデザインが格段にスピードアップします!

::Triggered Spawner(トリガーされたスポナー) - 特定のイベントの発生時に、トリガーされたように、画面に登場するなどして、物体をスポーンします。ネストされた子スポナーを含むことができます!

::Prefab Pool(プレハブプール) - これを使用してスポナーからプレハブが生成される可能性を設定できます。アイテムAは アイテムBの5倍の頻度で出現する、といった設定が可能です。

::Killable(キラブル) - この多機能スクリプトはヒットポイント、攻撃ポイント、完全な戦闘システム、巧妙なヒット検出制御およびプレハブ交換用フィルターを提供し、World Variable(ワールド変数)を操作します。コインや回復アイテムといった拾得アイテムにも使用できます!

::World Variable(ワールド変数) - スコアや体力などのWorld Variable(ワールド変数)を好きな数だけ設定します。敵の破壊時や、回復アイテムのを獲得時などにKillable(キラブル)にこれらを変更させます。また、ウェーブを設定してWorld Variable(ワールド変数)がある値に達するまで繰り返したりすることもできます。他にも様々なことが可能です!

サードパーティとのインテグレーション:
- NGUI
- Playmaker
- Behavior Designer
- NodeCanvas
- ICode(Mechanimの旧AI)
- Dialogue System

Core GameKitは4.5以上のUnity無料版・プロ版で動作します!

 

18.90ドルの計算結果 (1ドル 111.5580 円)
18.90ドル は、 2,108円

定価27ドルなら、3,012円

 

Unite 2017 Tokyo記念セール!(UIの生成/破棄・配置・管理をC#側からできるスクリプト / HP,MPをガラス玉の液体で表現!炭酸水のような発泡が綺麗)

f:id:assetsale:20170511084640j:plain

【セール期間】2017年5月24日(水)22時まで

 

このセールは東京/上海/ソウルで開催した「Unite 2017 Asia」のイベントセールです。

全部合わせてたセールリストはこちらです!

セールリスト(3カ国全て含む / 全53アセット)

 

日本作者だけに絞られた特設ページはコチラ

Unite 2017 Tokyo記念セール!(日本作家の特設ページ)

今日の内容

 

スクリプト:YUIMgr(C#側からUIの生成/破棄・配置・管理ができるスクリプト)

テクスチャ&マテリアル:Resource Bubble

   (HP,MPをガラス玉の液体で表現!炭酸水のような発泡が綺麗)

 

前回の記事

Unite 2017 Tokyo記念セール!(VRコントローラーで、放物線の先に瞬間移動 / 物理ゲームの衝突をリアルな音で再生!インポートして作りを調べてみた) - Unity AssetStoreまとめ

 

f:id:assetsale:20170520170849j:plain

f:id:assetsale:20170520170848j:plain

YUIMgr

スクリプト/GUI

$43.20 => $30.24    30%OFF

 

UIの配置をソースコードから直接指定して配置するスクリプトです。

お察しの通り、日本作家さんのアセットです!!

f:id:assetsale:20170520175632j:plain可愛いw

 

公式サイト」では、uGUIでの開発よりYUIMgrの方が優れている点がよくまとめられています。具体的に知りたい方は、真っ先に公式へGO!

 

YUIMgr公式サイト

http://mksftwks.net/YUIMgrManual/index.html

 

YUIMgrを使えば

  • エディタを使ってUIを配置する事への煩わしさを解消
  • スクリプトで生成/破棄のタイミング・配置・管理が行える
  • 大量のUIを表示する際、エディタ画面に大量のUIを並べる必要が無い

YUIMgrの問題点

  • 全てC#で書かれているため、JavaScriptからコールすることができない
  • 簡単なラベルやボタンを配置するだけなら手間が増えてしまう

 

スプライトを生成するために必要なコードは下記+デバイスのコードが必要になります。多くない?って思われるけど、単純なスプライト配置だけならuGUIで十分ですが、複雑な演出を作るなら的確で便利だなぁ。

f:id:assetsale:20170520180706j:plain

出典:公式サイトより「YUIMgrの強み」

http://mksftwks.net/YUIMgrManual/beauty.html

 

Demoサンプル
Demoサンプル(WEBGL Build)

こちらのサンプルでは、単純なスプライトの表示から、スライダー、ダイアログ、3D表示など試せるようになっています。

 

スプライトの移動、回転など、「ボタン」ではカーソルが乗ったとき、離れたとき、クリックした時を判定する。

f:id:assetsale:20170521160710g:plain

 
縦横自在なゲージシステム、チェックボックス、テキストエリアなど

f:id:assetsale:20170521160645g:plain

 

ポップアップダイアログ内に、複雑なUIを表示させることも可能だ

f:id:assetsale:20170521161203g:plain

f:id:assetsale:20170521161609g:plain

 

YUIMgrチュートリアルNo.1 - YouTube(5:38)

 

YUIMgrチュートリアルNo.2 - YouTube(7:04)

 

Unity 4.6.8 以降のバージョンが必要
YUIMgr(ワイユーアイマネージャー)は Ver1.1.0より4.6.8以降と5.0.2以降のコンパチブル対応をしました!
(4.6.xではPRO版のみの利用となります)

「Only Script, Yes uGUI!!」

UnityのuGUI開発には以下の課題があります。
・簡単なUI配置でもEditor作業
・UI挙動の複雑化・多様化
・複数人での開発のコンフリクト

YUIMgrはスクリプトのみでuGUIを生成・配置するためのライブラリです。
これは以下の利点があり、上記課題を解決します。
・スクリプトのみ、EditorいらずのUI配置
・カスタムスクリプトによる自由な制御、共通化
・複数人でも解決しやすいスクリプトのコンフリクト。

YUIMgrは仮想解像度を採用しており あらゆる解像度の端末で一意のピクセルレイアウトを可能にします。
是非WEBマニュアルをご一読ください。

Web マニュアル
Webマニュアル

基本機能
•基本Widgetの生成・管理サポート
•各Tween機能サポート
•ローカルリソースの同期・非同期ロードのサポート
•アセットバンドルの同期・非同期ロードのサポート
•フロント・バックエンド・3DUIのキャンバスサポート

Demoサンプル
Demoサンプル(WEBGL Build)
(Chrome と Firefox のみ)

 

f:id:assetsale:20170521193626j:plain

f:id:assetsale:20170521193625j:plain

Resource Bubble

テクスチャ&マテリアル/シェーダー

$20 => $14    30%OFF

 

ゲーム内の「HP」や「MP」の表示に使えるリソースバブルのシェーダーです。

 

ガラス玉の中に赤や紫の液体が入っていて、水位をゲージに見立てたヘルスメーター。

Resource Bubbleの特徴は、液体が炭酸水のように泡立ちます。シュワっと広がる泡が美しい。

※注意 モバイルプラットフォームには対応していません。

f:id:assetsale:20170521194750g:plain

 

シェーダで動作

色の変更、水位はシェーダ側で動いているそうで、

Playmakerやマテリアルのパラメータを変化させることが可能なビジュアルスクリプティング類と互換性があり、そのエディタ内で調整することが出来ます。

 

サンプルデモ

WebGLデモ

WebPlayerデモ

 

Unity 5.3.1以降のバージョンが必要
リソースバブル
携帯端末用ではありません
ゲーム内でHPやマナなどのリソースを表示させるならリソースバブルをお使いください!

バージョン1.2でスプライトに対応しました

バージョン1.3追加された垂直スプリット/デュアルorbモデル

バージョン1.4スプライトのサポートが改善されました。 DemoSpriteシーンを追加しました

1.5はすべてのUnity Canvasレンダリングモード(スクリーンスペース - オーバーレイ、ワールドスペース、スクリーンスペース - カメラ)のサポートを追加しました。

1.6のバグ修正

1.7がUnity v5.3.5以上で15個のテクスチャを追加

| Forum | WebGLデモ (800x600) | ウェブデモ (800x600) | 動画

デモは800x600かそれ以上の解像度で開くてください。

シーダーはPlayMakerやマテリアルの設定値を変更可能なフレームワークと互換性があります。アセットのページに電子メールまたはコメントで質問をするには、無料で記入してください。私たちは可能な限り迅速に対応しようとします。ご質問やご要望はお気軽に電子メールやそのアセットのページ内のコメントにどうぞ!確実に早くお返事します!

f:id:assetsale:20170521194119g:plain

 

Resource Bubble - YouTube(3:04)

 

Unity 2D - Creating Dynamic Backgrounds Tutorial - YouTube(7:32)

 

Resource Bubble Asset - YouTube(1:35)

 

Unite 2017 Tokyo記念セール記事一覧

FT CartoonEffect Volume01 日本作家さんが作った「カートゥーンスタイル」の魔法エフェクトパックVol.1

f:id:assetsale:20170521094521j:plain

f:id:assetsale:20170521094519j:plain

今日のアセット

FT CartoonEffect Volume01

$43.20 => $30.24    30%OFF

 

日本作者さんによる「カートゥーンスタイル」のエフェクト素材集Vol.1です。

 

素材数は30種類!

素材を交換するだけで、ほとんどのエフェクトの色を変更できます。

(赤、青、紫、緑の4色あり)

※バージョン1.1のアップグレードでループバージョンが追加されたそうです。

f:id:assetsale:20170521115915g:plain

ウォーター系、突風の青いエフェクトがカッコイイ!火柱、爆発、毒のシャワー、電撃、などカートゥーン系のデザインで統一されています。

 

サンプルデモ

DEMO IS HERE!

作者さん、リンクが切れてるか非公開設定になっているようです。

 

 

パブリッシャー情報

FlyingTeapot」(日本作家さんです)

エフェクト素材のタイトル名に「FT」と付いたシリーズが6本配信中。

f:id:assetsale:20170521130007j:plain

6本中、右上の赤色背景で∞のアセット「FT Infinity」は、公式サイトからGIFアニメでチェックできるようになっています。必見!

公式サイト:http://ftinfinity.tumblr.com/

 

同時セール中のアセット

f:id:assetsale:20170512171855j:plain

f:id:assetsale:20170512171857j:plain

FT Magic Effects Volume04

パーティクルシステム/魔法

$54 => $37.80    30%OFF

 

Unite 2017 Tokyo記念セールに含まれる日本作者さんの、

「サークル」「爆発」「フレア」「銀河」「インパクト」「ロック&アイス」「螺旋」のエフェクトパックです。

 

40の高品質な魔法エフェクトが含まれています。

 

Youtube動画は、映画トレーラーのようで迫力の動画がカッコイイ!

f:id:assetsale:20170512174352g:plain

 

続きはこちらの記事からどうぞ

2017年5月12日のUnite 2017 Tokyo記念セール!に掲載しました。

 

30.24ドルの計算結果 (1ドル 111.1600 円)
30.24ドルは、3,361円

定価43.20ドルなら、4,802円