読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

3D VR Bundle 01 「立体的なモダンショールーム、バーチャル展覧会、高層マンションのリビング」3種類の3Dモデルパック

30% 3Dモデル 建物

f:id:assetsale:20170225001724j:plain

f:id:assetsale:20170225001730j:plain

今日のアセット

3D VR Bundle 01

$32.40 => $22.68    30%OFF

 

360度グルッと見渡せるVR系に向いた3Dモデル素材集です。

 

バーチャル空間でお店や展覧会を開いたり、ちょっと落ち着くリビングルームなど、VRやFPSで使える素材が3種類入っています。

 

アセット内容

・1階から2階が見える立体感が面白いバーチャルショップ

・作った3Dモデルやゲームソフトを展示して使うバーチャル展覧会

・窓からの景色が綺麗なタワーマンションのリビングルーム

 

対応プラットフォーム

VR、モバイル、Mac / PC

 

パブリッシャーが販売する3つの製品を1パックにしたアセットで、単体で購入するより16.20ドル(定価)安くゲットできます。

 

★ 3D Virtual Shop Vol 1 ★

f:id:assetsale:20170225011427g:plain

本やCD、雑貨などを取り扱うオンラインショップに使えそうだ。

 

★ 3D Virtual Showroom Vol 1 ★ 

f:id:assetsale:20170225005026g:plain

自慢できる一品を並べてオンラインでバーチャル展覧会が開けます。

 

★ 3D Living Room ★

f:id:assetsale:20170225004928g:plain

こんな部屋に住んでみたい!窓からの景色が最高のタワーマンションの一室。

 

f:id:assetsale:20170225002420j:plain

f:id:assetsale:20170225002425j:plain

f:id:assetsale:20170225002427j:plain

 

Unity 5.4.0 以降のバージョンが必要
3D VR Bundle 01は、VRと携帯電話(携帯電話、タブレット)、Mac / PC用に製作された3つの製品を含むバンドルです。

キットに含まれるもの:


★ 3D Virtual Shop Vol 1 ★
★ 3D Living Room ★
★ 3D Virtual Showroom Vol 1 ★
★ And save 15$ ;) ★

 

セールラッシュ!

最近デイリーセールでこのパブリッシャーさんがとても熱い!

なぜなら、1ヶ月以内に3度も掲載されるという今まで見たこと無い現象が起きています。

VR推しのアセットですし、VRならセールに載りやすい傾向があるのか、大人の都合があるのかもしれません。

 

2017年1月28日 3Dモデル関連のセール

↓2017年2月3日 エフェクトセール

2017年2月25日 本日3Dモデル関連のセール

3D VR Bundle 01

 

22.68ドルの計算結果 (1ドル 112.2570 円)
22.68ドル は、 2,546円

定価32.40ドルなら、3,637円

Planet terrain Editor & Generator 宇宙から見た惑星をランダム&直接ペイントして生成する地形エディタ

30% スクリプト モデリング

f:id:assetsale:20170224022513j:plain f:id:assetsale:20170224022511j:plain

今日のアセット

Planet terrain Editor & Generator

$21.60 => $15.12    30%OFF

 

地球とは違う新たな惑星を創るためのエディタです。

 

惑星に「陸地、山、雪、海、雲」をカスタマイズしてジェネレート。

ストラテジーゲームやスペースゲームなど、宇宙から見る視点のゲームに最適です。

 

海の高さを下げると、特徴的な地形がランダムで浮き上がる。

f:id:assetsale:20170224045615g:plain

 

big planet demo - YouTube(2:18)

 

サンプルプレイ

WebPlayerデモ

動画にあるものは大規模惑星で、デモは中規模の惑星サイズとのこと。

軽く触ってみた感じでは内容はほぼ同じみたい。

 

今回は動画で紹介してなかった遊び方を試してみた。

 

ブラシウィンドウのToggle to sculptを切り替えれば直接ペイントするモードになります。

f:id:assetsale:20170224050804j:plain

高さはこれがMAX!おにぎり山が完成。

大気圏を突き出したような巨大な山が自由に作れます。

f:id:assetsale:20170224050529g:plain

ちなみに描画方式は漫画風スタイルです。

 

WASDで回転しながら暴れ塗り!結構キモチイイ。ゲームに応用できないかな。

f:id:assetsale:20170224050251g:plain

 

惑星のエディタ方式

・Unityエディタ内で生成し、Prefabとして保存(スクショが掲載されてませんが出来るそうです。)

・ゲーム実行中にユーザーの操作で生成したり、ランダムジェネレートするゲーム内実装(WebPlayerの内容)

 

Unity 4.5.1 以降のバージョンが必要
Unity 5とコンパチブル
あなたのストラテジーゲームやスペースゲームに惑星を作成する最適な方法です!

Unityエディターに作成した惑星をプレハブとして保存するか、あなたのゲームに実装した
ゲーム内惑星エディターでプレイヤーに提供します。

ウェブデモ:中規模の惑星
(頂点数6,000)
Youtubeデモ

特長

- 使用が簡単な地形エディター
- 地形ジェネレータに基づくペリンノイズ
- 7テクスチャーまでサポートのリアルな惑星シェーダー
- 7テクスチャーまでサポートする、漫画風惑星シェーダー
- ダイナミックな表現が可能な雲シェーダー・スクリプト
- 輝きシェーダー
- エディターモードでの惑星のプレハブ保存
- 惑星のサイズは3種類:頂点数2,500、頂点数6,000、頂点数25,000

モバイル用途にはお勧めできません!

 

f:id:assetsale:20170224023011j:plain

漫画風スタイル

f:id:assetsale:20170224023013j:plain

ゴツゴツとしたアニメっぽい惑星、標高の高さに合わせて雪が積もっている。

 

f:id:assetsale:20170224023016j:plain

リアルスタイル。FF6あたりの飛空挺で世界一周するイメージが浮かんだ。

f:id:assetsale:20170224023009j:plain

 

15.12ドルの計算結果 (1ドル 112.7230 円)
15.12ドル は、 1,704円

定価21.60ドルなら、2,435円

Mobile VR Movement Pack スマホをセットして使うVRヘッド用の「移動」関連スクリプト集

30% スクリプト カメラ

f:id:assetsale:20170222234031j:plain

f:id:assetsale:20170222234028j:plain

今日のアセット

Mobile VR Movement Pack

$10.80 => $7.56    30%OFF

 

ギアVRGoogle VRなど、スマートフォンをセットして使うタイプのVRゲーム開発用のスクリプト集です。

 

VR開発の助けとなるスクリプトは全部で7種類。

  • ウェイポイントシステム
  • NavMeshムーブメント
  • Bluetoothコントローラの動き
  • オートウォーク(歩くためにはタップ、停止するにはタップ)
  • アドバンスウォーク(Jumping&more)
  • オートフライ(VRでのフライング)
  • ルックウォーク(下を見て歩く、停止する)

主に移動用のスクリプトで、

一人称視点での移動方法(タップ、人間が歩いた振動により前進、下を見て歩く)が入っています。

f:id:assetsale:20170223030711g:plain

おそらくタップして移動のパターン↑

f:id:assetsale:20170223032331j:plain

 

NavMeshムーブメント

Bluetoothコントローラーで指定した座標へ自動的に移動させるNavMeshAgentのサンプルデモなどが搭載されています。

f:id:assetsale:20170223032330j:plain

※Unity標準で搭載されているものです。使い方?としてサンプルのデモシーンが入ってるみたい。

ウェイポイントシステム

f:id:assetsale:20170223032328j:plain

「ウェイポイントシステム」は、パスラインをシーン画面に引いてライン上にオブジェクトを移動させるスクリプトです。

カメラに適応すればカメラアニメのカットシーンなどに活用できます。

 

Mobile VR Movement Pack: Intro - YouTube(7:52)

Mobile VR Movement Pack: Tutorial - YouTube(13:19)

Mobile VR Movement Pack: Google VR Integration (Cardboard/Daydream) - YouTube(3:21)

 

f:id:assetsale:20170223014449j:plain

Unity 5.4.2以降のバージョンが必要
モバイルVRで移動する7つの異なる方法。

これは、モバイルVRで動作する動きの例の集まりです。 パックには現在7つのデモが含まれています:
- ウェイポイントシステム
- NavMeshムーブメント
- Bluetoothコントローラの動き
- オートウォーク(歩くためにはタップ、停止するにはタップ)
- アドバンスウォーク(Jumping&more)
- オートフライ(VRでのフライング)
- ルックウォーク(下を見て歩く、停止する)

これらのデモは次のもので動作します。
- Gear VR
- Google VR /ボール紙/デイドリーム
(推奨GVR v0.9)

Bluetoothの例は、あなたのBluetoothコントローラで動作することが保証されている広範な解決策ではありません。 ほとんどのコントローラーで動作する、デフォルトのUnity水平および垂直ジョイスティック入力を使用します。

 

7.56ドルの計算結果 (1ドル 113.5830 円)
7.56ドル は、 859円

定価10.80ドルなら、1,227円